最新情報最新レポートNICeとはつながり力NICeとはSNS代表から講演取材依頼ユーザーログイン

代表から

【増田紀彦から緊急メッセージ・熊本地震で被災した起業家の仲間たちにご支援を!】


■□■────────────────────────■□■
                       2016.4.15
   熊本地震で被災した起業家の仲間たちにご支援を!


   一般社団法人起業支援ネットワークNICe 
   代表理事 増田紀彦
■□■────────────────────────■□■

およそ4年前、東日本大震災の復興支援チャリティーのために、
九州の鹿児島県で頭脳交換会を開催したことがありました。

テーマは「もし、九州で大地震が発生したら、どうするか?」

中には、お隣の熊本県から参加した方もいて、
「山間地に暮らしているので、クルマが使えなくなったらおしまいだ。
自動車の中に、道路の障害物を取り除くための道具や、
当面の生活に必要な物資を用意しておきたい」と考えを述べられていれました。

一方、こんな意見を言う方もいました。

「九州に大地震が起こることなどあり得ない。
そんなことより、もっと大事な問題が日本にはたくさんある」と。

彼の言うとおりであれば良かったのですが、現実は違いました。

何度も何度も何度も言ったり書いたりしてきたことですが、
この国は地震列島です。そして原発列島です。

「この地域では地震など起きない」。「もう大きな地震は来ない」。
こんな考えは本当に捨て去らなければいけないと思います。

と同時に、地震活動期のこの日本に暮らす私たちには、
地域を超えて助け合うという考え方と取り組みが極めて重要です。

地震災害は、地域まるごとを窮地に立たせます。
隣近所で助け合うこと自体、限界があります。

震災に際しては、「遠い場所のこと」と考えず、
地震列島に暮らす者同士、お互い様の精神で応援することが肝要です。

まずは、熊本県の被災地のみなさんの支援が急務です。
当面の手当ても大事ですし、時間が経てば、
仕事や生活面でもいろいろと対処しなければならないことがあるでしょう。

NICeには、全国の有志の方々から寄せられた、
東日本大震災復興活動のための資金がありますが、その一部を、
今回の熊本地震で被害を受けた起業家たちの支援に使わせて頂きます。
有志のみなさま、どうかご了承お願いいたします。

合わせてみなさまにお願いがあります。
どうかご寄付をお寄せください。金額はおいくらでも結構です。

以下の口座に、お振り込みをお願い致します。
NICe代表理事の増田紀彦が責任を持って熊本に届けます。
本当にお互いさまです。何卒よろしくお願い申し上げます。

【熊本支援金お振込み先】
三井住友銀行 世田谷支店
普通口座 / 5467774
口座名義 / 一般社団法人起業支援ネットワークNICe




Google+
コンテンツ