最新情報最新レポートNICeとはつながり力NICeとはSNS代表から講演取材依頼ユーザーログイン

起業・独立の強化書

2014/08/04

5.個人か法人か?事業の器を選ぼう

起業・独立形態を決めるための最初の選択は、個人事業で始めるのか、それとも法人を設立して始めるのかを選ぶことです。もちろん個人事業でスタートして、後々、法人を設立するという計画でもかまいません。ちなみに事業開始後に法人を設立してその事業を続けることを法人成りといいます。いずれにしても、スタート時点においてどちらかを選ばなくてはなりませんから、そのための判断基準を持っておくことが必須です。
もっと読む
2014/08/04

4.開業資金を用意しよう

まずは起業・独立前に準備する資金(開業資金)と、起業・独立した後に必要な資金(運転資金)を算出し、収支計画や資金調達計画の基礎となる数字を固めておきましょう。  開業資金は、➀事務所や店舗の取得費用 ➁改装や設備費用 ➂備品購入費用 ➃開業告知のための広告・宣伝費用 ➄商品などの仕入れ費用が主な項目になります。 ですが、これらすべてを独立前にラインナップしなければならないわけではありません。
もっと読む
2014/08/03

3.事業プランを立案しよう

「起業・独立の心構え」の章で説明した、事業の継続・発展に必要な6つのS、すなわち、信念、仕組み、資金、商品、市場、支援。これらをしっかり固めていれば、起業後、あわてふためく心配はありません。したがってその6つのSを、どのように考え、どのように準備し、どのように動かしていくのかを、綿密に計画したものが事業プランだと言ってもいいでしょう。
もっと読む
2014/08/02

2.事業アイデアを発想しよう

「アイデアなんて自分にはとても思いつかない」と、安易に取り組みを放棄してはいけません。アイデアという言葉には、どうしても「普通の人の発想とはかけ離れたもの」というイメージがありますが、決してそんなことはありません。
もっと読む
2014/08/01

1.起業・独立の心構え

起業・独立を「簡単なこと」とか、「やってみれば、どうにかなるもの」などと、甘く考えている人はさすがにいないでしょう。むしろ、起業・独立を意識した途端、「自分にも出来るのだろうか」と不安を覚える人が大半だと思います。 しかし、本当に抱くべき危機意識は、起業・独立が出来るかどうかではなく、起業・独立して開始したビジネスが、ちゃんと続けられるかどうかです。
もっと読む
2014/08/01

【起業・独立の強化書】連載スタートです!

講演等を通じて2000人以上の経営者や地域振興関係者と出会い、アドバイスと激励を送り続けているNICe増田紀彦代表理事。その増田代表が贈る、雇われずに生きるための心構えや視点、ハウツーを伝授するシリーズコラム【起業・独立の強化書】です。
もっと読む