最新情報最新レポートNICeとはつながり力NICeとはSNS代表から講演取材依頼ユーザーログイン

最新情報:NICeな日記

第23回 平井良明さんのNICe日記『HP制作後のアクセス解析 第1回 あなたのホームページは誰が来ているの?』


全国各地の異なる業種・地域・世代の人々が出会い学び合うNICeのSNSの中から、
ご本人の承諾を得て、投稿したNICe日記を転載。
───────────────────────────

ホームページは、つくったその後は何をするのか?

一番多いホームページの失敗例は、
「ホームページの放置」です!


ホームページは作っただけで終わりではありません。

 ・どのような人が来ているのか?
 ・何を探してきているのか?

そんなことが気になりませんか?

皆さんが、実際の店舗だったら、
来店されたお客様の顔や年齢・性別を見ますよね。
また、お客様が商品を見て回ったり、質問されたりしたら、
何を探していそうかわかりますよね。
お客様は来ているのに、購入されていないこともわかったり、
逆に、お客さんが来ていないのに、問い合わせの電話がなるってこともあります
よね。

ホームページは、皆様のお店の2号店です。
お店と同じできちんと手入れが必要なんです。

そのためにも、どんな人達がアクセスしているかは、
ある程度把握しておかなければいけません。

昔からよくあるアクセスカウンターは、人数しかわかりませんし、
同じ人が何度も来るたびにカウントが上がります。
そんな人数だけじゃなくて、アクセスした人が残していく足跡を
見ることができるのが、アクセス解析です。

いろいろあるアクセス解析のなかで、一番有名で一般的に
使われているのが、Googleアナリティクスです。
コムログクラウドには、簡単にこのGoogleアナリティクスが
設定できるようになっています。

設置してもすぐには、分析できません。
とりあえず1週間ぐらいは待ちましょう。

また、作ってすぐはGoogleの検索には、引っかかりませんので、
検索エンジンからの流入を分析するには、
1ヶ月ぐらい待ったほうがいいでしょう。

さて、Googleアナリティクスを覗くと、
「うわ~なんだこれは」って思いませんか?

いろいろな数字やグラフが並んでいて、
一体どこを見たらいいかわからない~!と


最初に言っておきますが、本当に分析したり、
それに合わせてコンテンツを作ったり、広告を出したり
どこまででもできます。また、業種業態によって、
会社の規模によって見るべきところも違うのは確かです。

かといって、分析にお金をかけたり、業者に頼んだりすることは
なかなか難しいと思います。

ということで、

「Googleアナリティクスで、
 最低限ここだけを見ろ!」

第2回へ続きます。
http://www.i-hive.co.jp/hirai/2327.html

※2014年11月19日投稿
───────────────────────────
 福岡市中央区/NICe協力会員・平井良明(ひらい・よしあき)さん
 NICeネーム:平井@コムログ

 株式会社イーハイブ 取締役
 NICe会員情報はこちら
 http://www.nice.or.jp/category/category/members/members-kyusyu

●NICeのSNSの中に投稿されている、フレンドからの紹介文
「技術にも経営にも仲間にも純粋に接する信頼できる男。
 まさに『博多っ子純情』そのもの
(厳密には博多区からちょっと離れたとこにいるけど)です」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「つながり力で起業・新規事業!」NICeメールマガジンVol.24
(2014.1125配信)より「pickup! NICeな仲間の日記から」を抜粋して転載しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なおこのメールマガジンは、毎月1回、21日にお送りします(土日祝の場合は翌平日)。NICeユーザー(SNSに登録)に限らず、どなたでもご購読登録いただけます。希望される方は、こちらのページにてご登録ください http://www.nice.or.jp/archives/13068
バックナンバーはこちら一覧 http://www.nice.or.jp/archives/22957

Google+
コンテンツ