最新情報最新レポートNICeとはつながり力NICeとはSNS代表から講演取材依頼ユーザーログイン

代表から

増田通信より「ふ〜ん なるほどねえ」148 音の効用(もしくは高揚) 


──▼────────────────────────────────
<最近の発見> 音の効用(もしくは高揚)
──▼────────────────────────────────


子音が「G」の音。つまりは、ガ・ギ・グ・ゲ・ゴ。
男子は、このG音が大好きと言われる。ガンダムとかゴジラとか……。

そう考えると、男子ウケ1位に輝く地名は、間違いなく愛知県の蒲郡市だ。
「ガマゴオリ」。
ガツンとくるというか、ゴツゴツしているというか、確かにいい響きだ。

その蒲郡市に従兄弟が暮らしている。
無沙汰していたので、大阪での用事を足した帰りに立ち寄ってみた。
約束の時間より大幅に早く着いてしまったので、
蒲郡駅前にある「茶太郎」という喫茶店で時間を潰した。

この店のマスター自体が、茶太郎さんという。
この人が大層人懐っこい人で、とにかく熱心に話しかけてくる。
しまいには、自慢の法螺(ホラ)を持ち出して、
パオ~~~~~プォ~~~~と、周囲を気にせず響き渡らせるから驚いた。

聞けば、茶太郎さんは山伏だそうだ。
間もなく三回目の千日行を達成するというから、本気の修験道者である。

「法螺は山中で修行する山伏が、獣を追い払うために使う」と、茶太郎さん。
もっと霊的なものかと思っていたが、案外、実用的な道具だった。

もっとも私の法螺貝のイメージは、戦国時代の合戦で使うあれだ。
あの音が響くと戦意が高揚し、一気に敵陣に突撃したくなる気分はわかる。

いずれにしても、男子がある種の「音」に反応することは間違いない。
マーケティングやマネジメントに、ちょっと取り入れてみたい視点だ。
それだけで買いたくなったり、頑張りたくなったりする男子は必ずいると思う。

ときに女子の皆さんは、どんな音に反応するのだろう?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
増田紀彦NICe代表理事が、毎月7日と14日(7と14で714(ナイス)!)
に、NICe正会員・協力会員・賛助会員、寄付者と公式サポーターの皆さん
へ、感謝と連帯を込めてお送りしている【NICe会員限定レター「ふ〜ん
なるほどねえ」スモールマガジン!増田通信】。
第148号(2018/0514発行)より一部抜粋して掲載しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Google+
コンテンツ