最新情報最新レポートNICeとはつながり力NICeとはSNS代表から講演取材依頼ユーザーログイン

代表から

増田通信より「ふ~ん なるほどねえ」166 白い鳥は美しい(らしい)


──▼────────────────────────────────
<最近の発見> 白い鳥は美しい(らしい)
──▼────────────────────────────────


クルマで移動中、白鳥の飛来地を通過した。
10羽ほどの群れが、優雅に冬の陽差しを浴びていた。

ふと、アンデルセンの童話、『みにくいアヒルの子』の筋書きを思い出した。
確か、アヒルの群れに混じってしまった白鳥の雛が、
黒い体毛のせいで、差別され、苛められ、散々な日々を過ごして、
もう死にたい、殺してくれと望む、悲惨な物語だったと思う。

アンデルセンは、どういうつもりでこの話を書いたのだろう。
白い容姿は美しくて、黒い容姿は醜い……。
人種差別だと指弾されても反論できない例え話ではないか。

貧困に喘いだアンデルセン自身の幼少期を、白鳥の雛になぞらえ、
あきらめなければ、いつかは幸せになれるという教訓かもしれないが……。

この童話が発表されてから200年近いと思うが、
人々の葛藤は変わらない。多くの人々が見た目の美醜に囚われている。

しかしながら、そもそも絶対的な美など存在しない。
「誰か」が提唱し、主張し、断定した美が「基準」になるだけだ。
そして多くの人は、その基準に近づこうと考え、行動する。
だから、理容・美容、化粧品、美容整形などの産業が成り立つ。
ちなみに上記のいずれの業界も2兆円を超す巨大市場だ。

要するにデファクトスタンダード(事実上の基準)を握った「誰か」が、
大いに得をするということである。
言い換えれば、特定の価値を基準だと主張して他に認めさせた者が、
ビジネスチャンスを一手に握ることができるのである。

これは何も巨大産業や巨大市場に限ったことではない。
例えば、あなたが何らかの資格を考案し、人々に発給するという方法もそうだ。
繰り返しだが、多くの人は「基準に達しよう、あるいは近づこう」とするものだ。
そのモチベーションをがっちり捉えて事業を起こせばいいのである。

なんてことを、クルマを走らせながら一気に考えた。
そして、一息ついて、思った。
この童話を読んだであろうマイケル・ジャクソンは、何を思ったのだろうかと。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
増田紀彦NICe代表理事が、毎月7日と14日(7と14で714(ナイス)!)
に、NICe正会員・協力会員・賛助会員、寄付者と公式サポーターの皆さん
へ、感謝と連帯を込めてお送りしている【NICe会員限定レター「ふ〜ん
なるほどねえ」スモールマガジン!増田通信】。
第166号(2019/0207発行)より一部抜粋して掲載しました。

※164の次は166号と題しお送りしています。「165」は白鳥と共に飛んだようです
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



■□■──────────────■□■

NICeとは?
https://www.nice.or.jp/about_nice
NICeの合言葉は「つながり力で、日本経済と地域社会の未来を拓く!」。
全国のみなさんがつながる場として、登録&利用無料のSNSを提供しているほか、
全国各地で交流会や勉強会などを開催しています。

NICeのSNS 登録も利用も無料!
 SNS登録はこちら https://www.nice.or.jp/sns/?m=pc&a=page_o_public_invite

NICe主催・共催・後援イベント・勉強会の開催予定一覧はこちら
https://www.nice.or.jp/real_schedule

このほか全国各地でのNICeレポート一覧はこちら
https://www.nice.or.jp/real_all

NICeのメールマガジン
毎月11&21日頃に配信する「つながり力で起業・新規事業!」メールマガジン。
購読の登録はこちらからどうぞ!

■□■──────────────■□■
コンテンツ