最新情報最新レポートNICeとはつながり力NICeとはSNS代表から講演取材依頼ユーザーログイン

「事例に学ぶ! 新事業実現法」第18回/ 小倉健二さん(埼玉県川越市)職人の探究心に、起業家仲間のエールが後押し   ノン・スキャフォールディング工法の講習&ツール販売を事業化

■□■───────────────────────────■□■
    「事例に学ぶ! 新事業実現法」

  第18回
  職人の探究心に、起業家仲間のエールが後押し
  ノン・スキャフォールディング工法の講習&ツール販売を事業化

     
■□■───────────────────────────■□■


┌───────────────────────────────┐
 埼玉県川越市/NICeユーザー・小倉健二(おぐら・けんじ)さん
 有限会社 ケンテックシステムズ 代表取締役
 HP:http://www.kentechsystems.net/
└───────────────────────────────┘




◆不満解決のため独自開発。それが進化と安全性の証明へ

より便利に、快適に、安全に。それを求めて人は常に創意工夫を続ける。
職人ならば、なおのこと。
「道具がないなら、自分でつくる」とばかりに、
独自の技術や道具を開発してきたのが、空調・電気・給排水の設備工事会社
(有)ケンテックシステムズを営む小倉健二さんだ。

そのひとつが、『ノン・スキャフォールディング技術&工法』。
ノン=無 スキャフォールディング=足場 という意味で、
高所の現場でも足場を仮設せず、作業できる無足場工法を編み出した。

きっかけは、足場が組めない数十階建ビルでの工事依頼を受けたこと。
その時、かつて習得したアブセーリング
(岩壁、滝、洞窟などをロープや器具を使って降下するアクティビティ)
を試したところ、快適に作業できることを実感。
「これは使える!」と、ロープアクセス技術を学び直した。

だが、講習では物足りなさと問題点も感じた。
実技講習は屋内に設置された高壁で行われたが、実際の現場は屋外だ。
視界、風や、天候などの条件がまったく異なる。
何より、1本のロープでの降下・登攀が不満だった。
目的は降下・登攀だけでなく、そこで安全に作業することだ。
さらに現場では溶接器や鋭利な工具も使うため、ロープ切断の危険もある。

「もっと便利に、もっと快適に、もっと安全に」と小倉さんは、
セカンドロープや鉄骨製支点など、様々な器具の開発に着手。
自ら図面を引き、部品を集め、組み立てを繰り返し、
ついに独自の『ノン・スキャフォールディング技術&工法』を確立した。


◆技術と工法を普及させることで同業界との連携を

たとえば一般的な9階建ビルの場合、従来工法だと、
足場の設置・撤去費用だけで1000万円を要する。
しかも仮設足場は景観を損うと、近隣からの苦情も少なくない。
そのため、ビル関係者の中には、保守点検を断念したり、
雨漏りを放置したりするケースもあるという。

ところが小倉さんの工法なら、足場を設置しなくて済むため、
費用が大幅に削減でき、工期も短縮できる。
当然、依頼主には好評だ。

「この技術と工法をもっと広めたいと思うようになりました。
そうすればお客さんに喜ばれるだけでなく、
同業の空調・電気・給排水の設備工事業者とも連携できて、
規模に関係なく受注できるし、互いに仕事の幅も広がりますから」

どうすれば広められるだろう……。

「そうだ!講習事業だ。それにツール販売も事業化できる!」。
小倉さんが閃いたのは、2013年4月、
NICe主催の創業・新規事業セミナーを受講した時だという。
講師は増田紀彦代表理事。最終的な生産物やサービスだけでなく、
業務ノウハウもまた、経営資源だということを教えられた。

だが、季節は空調設備業者にとっては超繁忙期。
「今は無理だ、いつかやろう。いつでもできる!」と、時間が過ぎた。

そして同年10月、『NICeなビジネスプランコンテスト』開催を知る。
当時、小倉さんの頭の中には複数のビジネスアイデアがあったそうだが、
その中から、まっさきにタイトルを書いたのが、
『ノン・スキャフォールディング講習』だった。


◆グランプリ受賞で事業化加速、さらに複数のプロジェクトも始動

「いざ応募書類を書き始めてみると、
やるべきこと、準備すること、足りないことが多々あると気づきました。
いつでも事業化できると思っていましたが、甘かった。
応募したことで、改めて事業計画を深められたし、
やりたいことを人に伝える難しさも学べました」

第一次書類審査を通過し、12月の本戦に出場。
結果、見事にグランプリを受賞。
これが本当の意味で、事業化の引き金になった。

「コンテストに応募しなかったら、もっと言えば、
グランプリを受賞しなかったら、
事業化には着手しなかったかもしれません。
みなさんから票を投じていただいたことで、やらねば!と。
本業の仕事依頼も断って準備に専念しました」

テキストを自身で作成し、指導法とカリキュラムも組み立て、
シミュレーションを重ね、実技講習場として9階ビルの外壁使用許可も得た。
こうして2014年4月、新規事業として
ノン・スキャフォールディング技術講習とツール販売を同時スタート。

第1期生の講習を終え、想像以上の手応えを感じているという。
事業化したことにより、独自の技術を有する職人仲間と、
互いにスキルアップ講習をし合おうという声が上がり、
将来の夢を応援し合う『職人プロジェクト』が始まった。
また、同業者だけでなく、NICeの起業家らとの交流も広まり、
連携・協力体制の芽も見え始めているという。

より便利に、快適に、安全に。
ないなら「自分で!」から、ないなら「自分たちで!」へ。
小倉さんの職人魂に着いた炎は、仲間を得てますます勢いを増している。



2014.5.21 
「つながり力で起業・新規事業!」 メールマガジンVol.18
コンテンツ