最新情報最新レポートNICeとはつながり力NICeとはSNS代表から講演取材依頼ユーザーログイン

メールマガジン

vol.113【増田紀彦の視点・生きた財政を! ~高橋是清翁の教え~】


■□■───────────────────────────■□■
                        2020.5.21 
   「つながり力で起業・新規事業!」 メールマガジンVol.113

     起業支援ネットワークNICe https://www.nice.or.jp/

■□■───────────────────────────■□■

このメルマガは、NICeの活動に参加された方々、
またはNICe代表理事・増田紀彦と名刺交換をされた方々、
および全国の起業家、経営者、農林水産事業者、起業・創業希望者、
地域振興関係者、中小企業支援・創業支援機関、
一次産業支援機関の方々へ送信しています。


  ┃目┃次┃ ┃ ┃ ┃ ┃ 
 ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
【1】 「増田紀彦の視点 どうする?日本経済」

    厳しさを増す経済・経営環境に立ち向かうために、
    増田代表が送る、視点・分析・メッセージ
   
    第78回 生きた財政を! ~高橋是清翁の教え~

    
【2】 最新情報
    増田通信より「ふ~ん なるほどねえ」191
    <最近の難題>「one world」の苦悩 など3本

【3】 活動予定 NICeの主な勉強会
    
【4】 お知らせ
    「地域応援オンライン名刺付きバーチャル背景メイカー 公開」
    登録無料・市区町村を募集!
    NICeなビジネスプランコンテスト入賞者の活動情報
    NICeな仲間のクラウドファンディングプロジェクト報告
    など5本
    

■□■───────────────────────■□■
    「増田紀彦の視点 どうする?日本経済」

     第78回 
     生きた財政を! ~高橋是清翁の教え~

■□■───────────────────────■□■


【2.26事件に倒れた不世出の財政家】

「一足す一が二、二足す二が四だと思いこんでいる秀才には、
生きた財政は分からないものだよ」。

高橋是清の言葉である。

高橋といえば、第20代総理大臣を務め、
1936年、いわゆる2.26事件により、命を奪われたことで知られる人物だ。

その事件の現場となった港区赤坂の邸宅の跡地は、
現在、高橋是清翁記念公園となり、都民の憩いの場となっている。
青山通りを挟んで、東宮御所と向かい合わせの一等地にありながら、
季節の木々に彩られた公園内は、驚くほどに閑静。

敷地内のベンチに腰掛け、瞳を閉じれば、
ともに日本の行く末を案じながらも、異なる信念の結果、
殺す側(陸軍反乱部隊)と殺される側(高橋翁)に分かれてしまった、
誠実な人々の苦悩が、心中に去来する。

高橋は、明治、大正、昭和と続く、日本の近代化のプロセスを、
財政面から一身に支え続けてきた政治家であり、
国会議員や日銀総裁を務めた後、農商務大臣や総理大臣も務めながら、
最終的には実に7度も大蔵大臣を務めた不世出の財政家だ。

2.26事件において反乱部隊の標的にされたのも、
高橋が7度目の大蔵大臣として、忍び寄るインフレに対処するため、
軍事予算を削減したことに対する反発だったと言われている。


【慎重かつ大胆に財政を動かす手腕】

2.26事件の経緯だけを語ると、
高橋があたかも緊縮財政派のような印象を持つが、無論、そうではない。
締める時は締める。緩める時は緩める。
まさに、「生きた財政」をつかさどることができた人物だ。

そしてまた、高橋の存在を世界に知らしめることになったのが、
財布の紐を思いっきり緩めることで、他国に先んじて、
日本を世界恐慌からいち早く立ち直らせた手腕である。

そもそも高橋は、世界恐慌の4年前に起きた、昭和金融恐慌の際
3度目の大蔵大臣として、支払猶予措置(モラトリアム)を発動しつつ、
片面だけしか印刷していない急造200円札を発行し、
それを銀行の店頭に山のように積み上げて、預金者を安心させ、
事態を沈静化させるという離れ業までやってのけている。

モラトリアムという慎重な政策と、
「見せ金」を印刷するという思いも寄らない作戦。
この両方を実行できるところに、
高橋のバランス感覚の何たるかが示されていると私は思う。


【赤字国債発行で世界恐慌から立ち直った日本】

そんな高橋だから、昭和金融恐慌に続いて起きた昭和恐慌、
さらにその後の世界恐慌に際しても、敢然と立ち向かうことができた。

とくに大きな成果として語られるのが、
1932年から1934年にかけて実施された時局匡救(きょうきゅう)事業である。

不況にあえぐ日本経済を救済するため、
全国各地において、治水、港湾整備、道路整備、開墾、用排水路整備、
農業土木、鉄道建設などを大胆に行う事業で、
合わせて取り組んだ軍事費の民間発注も功を奏し、
計画通り、日本は3年間でデフレからの脱却に成功した。

ここで特筆したいのが、その資金をどうやって工面したかであり、
そこにこそ、高橋是清の神髄を見ることができる。

高橋は、6度目の大蔵大臣として、政府公債や満州事変公債を発行し、
これを日本銀行に引き受けさせて公共事業の財源としたのである。

だが、高橋が赤字公債の発行に踏み切ったことは、
当時としては、驚くべきことであった。
なぜなら、世界恐慌後の政府方針は、緊縮財政だったからだ。
つまり、「財布の紐を締めて、国民にお金を回さない」方法だ。
(まさに今の日本政府と同じ考え方)

ところが、それでは経済も財政もますます行き詰まると考えた高橋は、
その方針とは正反対の財政出動方針を掲げ、
「国が借金をしてでも、国民にお金を回す」道を選択したのである。


【締める時は締める。今は、極限まで財布の紐を緩める時】

以下、高橋是清随想録からの抜粋である。

「財政は常に収支の均衡を保たねばならぬと云ふ。
けれどもこの国を見ても、初めはなかつた借金がだんだん増えてゐる。
戦争とか天災とか、思はぬ事件がどこの国にでも起るからだ。
しかしさう借金が殖えて行く結果はどうなつたかと云ふと、
一面産業は大いに進歩し、国の富も殖えたので、国債の増加も苦にならない。
十分、その重みに堪へる力が出来て来たのだから赤字公債と云ふものも、
さう理屈通りに気に懸けることはない。
場合に依つては、借金をしても進んだ方が善い。
又已むを得ず借金をしなければならぬ場合もある。
しかしその結果、国民の働きが増せば、茲に富が出来る。
前の借金くらゐ何でもない」。

この言葉を、そっくりそのまま現政府に届けたい。
今がまさに、「思はぬ事件がどこの国にでも起る」事態ではないのか。

前回のコラムでも触れたが、
政府が緊急経済対策としてぶちあげた117兆円のうち、
財政の世界で言う「真水」(コロナ対策のための新規の支出)は、
半分以下にとどまり、大半はもともと決まっていた補正予算の残りや、
あくまで融資として、「一度は出すが返してくれ」といったお金だ。

政府には、リアリティをもって、国民の困難を考えてもらいたい。
大体、一人10万円とは、どういうソロバンなのか?
売り上げを失った事業主や、仕事を失った従業員が、
10万円もらって、それで生活の足しになると思っているのだろうか?

高橋大蔵大臣の後任者に当たる麻生財務大臣は、先月、
基礎的財政収支を黒字化する政府の財政健全化目標について、
「放棄することはない」と、衆院決算行政監視委員会で語っている。

なぜ、そこまで、なぜ、こんな事態に至ってまで、
政府は財政収支の黒字化にこだわるのか?
政府の財布が潤っても、国民が貧すれば元も子もないはずだ。
というか、国民が豊かに生きるために財政をやりくりするのが政府の役割だ。

もう一度、日本の財政の基礎を築いてきた高橋翁の言葉を引用する。

「赤字公債と云ふものも、気に懸けることはない。
場合に依つては、借金をしても進んだ方が善い」。

政府も日本経済が未曾有の危機に貧していることはわかっているはずだ。
そうであるなら、「未曾有の借金」を断行して、
日本経済を救済する以外、いかなる手立てがあるのだろう?

「生きた財政」を、心から政府にお願いしたい。

<一般社団法人起業支援ネットワークNICe 代表理事 増田紀彦>



■□■───────────────────────■□■
   NICe最新情報 https://www.nice.or.jp/info

■□■───────────────────────■□■

《Mr.NICe》 5月14日更新 
  増田通信より「ふ~ん なるほどねえ」192
  <最近の芳り> 季節は、必ず巡る
  https://www.nice.or.jp/archives/49761
───────────────────────────
《NEWS》  5月12日更新 
  NICe日記大賞2020 発表!4月の月間大賞
  「家族信託って知っていますか?」
  https://www.nice.or.jp/archives/47672
───────────────────────────
《Mr.NICe》 5月7日更新 
  増田通信より「ふ~ん なるほどねえ」191
  <最近の難題>「one world」の苦悩
  https://www.nice.or.jp/archives/48892
───────────────────────────


■□■───────────────────────■□■
    NICeの活動 イベント、勉強会等のお知らせ
     https://www.nice.or.jp/real_schedule

■□■───────────────────────■□■

5月28日(木)オンライン
 第84回広報勉強会
 「広報担当がやってはいけないこと」(NICe後援)
───────────────────────────
6月2日(火)6月3日(水)東京
6月10日(水)6月11日(木)帯広市
6月17日(水)6月18日(木)札幌市
 一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会主催
「防災備蓄収納1級プランナー」講座(NICe後援)
───────────────────────────
6月9日(火)さいたま市
7月29日(水)千葉市
 一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会主催
 防災備蓄収納が一目でわかる
 「分類マップ・防災備蓄収納カード講座」(NICe後援)
─────────────────────────── 

┌───────────────────────────┐
 上記はSNS登録を問わずご参加いただけます。
 詳細はこちら予定一覧 
 
 これまでの開催レポートはこちら 
└───────────────────────────┘

■□■───────────────────────■□■
   お知らせ1 テレワーク支援&地域自治体応援
    「オンライン名刺付きバーチャル背景メーカー」   
       登録無料 全国の市区町村募集! 
■□■───────────────────────■□■

NICeメルマガvol.110に登場いただいた平井良明さん(株式会社イ
ーハイブ 福岡県)が、オンライン会議用新バーチャル背景メイカ
ーを開発し、無償提供を始めました。バーチャル背景には、テレワ
ーク応援と同時に地域ブランド向上を目指して、「ふるさと写真」
機能を搭載しています。
そこで、ご当地の写真素材を提供くださる自治体を募集しています。
参加登録費用は無料です。全国市区町村の自治体のみなさま、どう
ぞご活用ください。
○詳細・申込み・お問合せはこちら
 https://www.smappon.jp/117011.html

■□■───────────────────────■□■
 お知らせ2 NICeなビジネスプランコンテスト入賞者の活動情報
   医療現場へ「故郷の食で応援・感謝のお弁当」
■□■───────────────────────■□■

第5回NICeなビジネスプランコンテスト ファイナル進出・優秀賞の
の川野真理子さん(東京都)が、なみへいの後継店「箕と環」(み
のとわ)と連携し、故郷の食で応援と感謝をお弁当で伝える活動を
スタートしました。1食800円を500円で届けます。寄付をしていただ
ける方は、ご協力お願いいたします。
○詳細・申込み・お問合せはこちら
 https://www.namihei5963.com/namihei-board/detail.cgi?sheet=hp2&no=2502
 
■□■───────────────────────■□■
 お知らせ3 NICeなビジネスプランコンテスト入賞者の活動情報
  No.1のための声戦略トレーナー・声のプロフェッショナルが
  声の出し方・話し方 テクニックを特別割引で伝授します!
■□■───────────────────────■□■

第2回NICeなビジネスプランコンテスト ファイナル進出・3位入賞
のプレゼンジャパン 梶田香織さん(愛知県)が、zoom、skype、電
話等を利用した、声の出し方・話し方 テクニックを特別割引・特
別プログラムで提供しています。
○詳細・申込み・お問合せはこちら
 https://peraichi.com/landing_pages/view/presenjapanmenu
  
■□■───────────────────────■□■
  お知らせ4 NICeなビジネスプランコンテスト入賞者の活動情報
      webマガジン『saitaPLUS』に登場
■□■───────────────────────■□■

第2・4回NICeなビジネスプランコンテスト ファイナル進出・上位
入賞の長柴美恵さん(一般社団法人 防災備蓄収納プランナー
協会)が、『saitaPLUS』にて5つの記事にて紹介されました。

1 災害用じゃなくてもいい!
 防災備蓄で「不安を安心に」変えよう
 https://saita-puls.com/16851

2 知っておきたい災害対策の優先順位と災害後の行動時間
 https://saita-puls.com/17011

3 お金をかけないで防災備蓄しよう!
 災害時にあると役立つ「身近なモノ」って?
 https://saita-puls.com/17141

4 防災備蓄を続ける5つのコツ
 https://saita-puls.com/17318

5 思ったよりも意外と出来る!防災備蓄品の収納術
 https://saita-puls.com/17408
 
こちらもご参考に
 避難所だけが避難先ではない!
 新型コロナウイルス感染症から持ち物を考える
 https://bichiku-shunou.or.jp/column-20200510/
 
■□■───────────────────────■□■
  お知らせ5 NICeな仲間のチャレンジ応援!
 築120年の古民家を、一棟貸しの宿泊施設として蘇らせたい 
    7月23日オープンへ向け準備中です!
■□■───────────────────────■□■

メルマガvol104、105で紹介させていただいた、石田恵海さん&鈴
木信作さんご夫婦のクラウドファンディングプロジェクト。目標
を見事にクリアされ、4月のオープンに向けて準備されていました
が、コロナの影響で開業延期となりました。しかし、7月23日オー
プンへ向け、心さらに熱く準備中です。引き続き、応援&ご声援ど
うぞよろしくお願いします。

クラウドファンディングプロジェクト
 https://readyfor.jp/projects/tabitohadashi/accomplish_report
 
Fecebookページ
「旅と裸足」 https://www.facebook.com/tabitohadashi/ 
「Terroir愛と胃袋」https://www.facebook.com/aitoibukuro/


■□■───────────────────────■□■
 ┃ ┃ ┃ ┃ ┃編┃集┃後┃記┃ ┃  
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛  

みなさん、オンラインで話す機会が増えましたが、慣れましたか?
今号のお知らせ3で紹介した、話し方のプロ・梶田さん。
「もっと声を高く、もっともっと笑顔で!」と、
私も直にアドバイスをいただいたことがあります。

梶田さんが先日ご出演された特別セミナー(協力:名古屋テレビ塔ギャラリー)
「カメラ前・マイク前だからこそ!の声の出し方・話し方のコツ」
のライブ配信が、Facebookに投稿されています。
https://www.facebook.com/kaori.kajita 

梶田さんの声を聞いているだけで、笑顔を見ているだけで
なんだか元気が湧いてきます。
みなさんもどうぞご視聴なさってくださいね。

次号は6月12日頃に配信の予定です。
(NICe広報・岡部)

┌───────────────────────────┐
 増田紀彦代表およびNICe会員への
 講演・取材依頼はこちらフォームにて受け付けています
└───────────────────────────┘
┌───────────────────────────┐
 NICeのSNSは登録も利用も無料です。
 登録ご希望の方はこちら

 ご不明点はこちらQ&A、またはメールにてお問い合わせください
 Email :jimukyoku@nice.or.jp
└───────────────────────────┘
┌───────────────────────────┐
 メルマガのバックナンバーズ 一覧はこちら

 メルマガの登録および解除はこちら
└───────────────────────────┘

■□■───────────────────────■□■

   つながり力で、日本経済と地域社会の未来を拓く!

■ 発行: 一般社団法人起業支援ネットワークNICe
■ 〒152-0001 東京都目黒区中央町2-6-8-1F
■ URL:https://www.nice.or.jp/
■ TEL&FAX (03) 6316-9029
■ Email: jimukyoku@nice.or.jp
■ 代表理事 増田紀彦

■□■───────────────────────■□■
         Copyright(C) NICe
■□■───────────────────────■□■

コンテンツ