最新情報最新レポートNICeとはつながり力NICeとはSNS代表から講演取材依頼ユーザーログイン

今後の予定

2014年2月からスタート!「切磋琢磨の会」






NICeは、「つながり力で、日本経済と地域社会の未来を拓く!」を合言葉に、業種や地域、世代を超え、情報と知恵と志の共有・循環をはかることで「相互支援体制」を築き、それを推進力として起業や新規事業・新市場の創出、地域社会の活性化を実現し、人間本来の共同性に根ざした「お互い様経済」の創造を目指し活動しています。

「つながり力」による連携ビジネスを続々と生み出すために、
NICeの、NICeたる、NICeな勉強会、
それが2014年2月からスタートする「切磋琢磨の会」。

プロデューサーは、NICeの増田紀彦代表理事、コーディネーターは小林京子理事です。
起業家同士が本音と本音、知恵と知恵、情報と情報を力の限りぶつけ合い、磨き合い、
飛躍を果たすための特訓の場です。提案、相談、議論、学習、パートナー探しもOK。
参加資格は、発信・受信ともに真剣に取り組める方。


■□■─────────────────────■□■
    
     主宰 増田代表 【切磋琢磨の会】 

      企画運営委員会キックオフ

 NICe登録を問わず、経営者を問わず、
 趣旨と目的に賛同し、ともに熱く燃える仲間を募ります!

■□■─────────────────────■□■


初回は、「切磋琢磨の会」企画運営委員会のキックオフです。
活動計画を立案し、活動内容を企画し、さらに活動の運営・推進を
増田代表とともに担ってくれる仲間=企画運営委員を募ります。

本日配信の「つながり力で起業・新規事業!」 メールマガジン特別号
でお知らせしたとおり、
NICe会員か否か、NICeユーザーか否かも、問いません。
現在、経営者であるか否かも問いません。
趣旨と目的に賛同し、ともに熱く燃えてくださる方であれば、
どなたでも歓迎です。



【開催日時】
2014年2月13日(木) 
18時20分〜20時40分

【第1回 開催場所】
〒105-0004港区新橋3丁目16番3号
新橋ばるーん(旧桜田小学校) 304学習室

【アクセス】
JR:、銀座線、都営浅草線、ゆりかもめ「新橋駅」下車 烏森口徒歩3分
都営地下鉄三田線「内幸町駅」下車 A1出口徒歩10分
地図はこちら

【参加費】500円 

【参加申込み】以下いずれかで
 専用フォーム:http://ws.formzu.net/fgen/S25371827/
 Facebook:https://www.facebook.com/events/415303771954614/
 NICeメール:jimukyoku@nice.or.jp


【主催】一般社団法人起業支援ネットワークNICe




■□■───────────────────────────■□■
    
        NICe代表理事 主宰「切磋琢磨の会」
        
         発起趣旨と委員募集について

   一般社団法人起業支援ネットワークNICe代表理事 増田紀彦

■□■───────────────────────────■□■



【経済産業省委託事業時代に確立したNICeの精神=つながり力の強化】

起業支援ネットワークNICeは、2007年〜2009年度の3年間、
経済産業省委託事業として、独自のSNSと全国各地での勉強会をベースに、
異業種・異地域・異世代の経営者の連携を追求してきました。

「異なる者の知恵と情報の共有・循環を図ることで、
新たな市場の創出や新たな事業の確立を目指す」ことを目的にかかげ、
その取り組みの基本精神を「つながり力の強化」と名付けました。
そして、上記したSNS(バーチャル)と勉強会(リアル)を相互媒介的に
活用することで、「異なる者」の新たな出会いを推進してきました。


【自立化後の4年間で培った連携事業推進活動】

さらに経済産業省から自立化した2010年〜2013年度の4年間は、
一般社団法人起業支援ネットワークNICeを活動の推進母体とし、
「つながり力で日本経済と地域社会の未来を拓く!」のスローガンのもと、
様々な活動を重ねてきました。

その中で認定連携事業制度を発足させ、また、次なる連携事業創出ための、
「NICeなビジネスプランコンテスト」を開催するなど、
民間団体ならではの取り組みをもって、
事業連携による小規模ビジネスの成長を推進してきました。


【「日常的」に事業連携を追求する活動へ】

そして迎える2014年度を、NICeの第3フェイズと位置づけ、
「事業連携および連携による新規事業創出を日常的に追求する」ための
取り組みを開始することとしました。

そのための具体的な活動として、
「代表が責任を負って主宰する勉強会兼事業創出のためのミーティング」
を、定期的に開催することを決定しています。その集いの名称が、
2013年12月14日の「第20回NICe全国交流セミナーin東京」にて発表した、
「切磋琢磨の会(せっさたくまのかい)」です。

参加者の知恵と知恵、情報と情報、情熱と情熱、資源と資源を重ね合い、
磨き合って、「小さくても強いビジネス、顧客から支持されるビジネス」を、
どんどん生み出していこうという取り組みです。


【小規模企業への追い風は、小規模企業存続の厳しさの証左】

ご存じのように、安倍政権発足以降、小規模企業の存在意義の見直しが
はかられるようになり、昨年9月には小規模企業活性化法が施行され、
さらに2014年には、小規模企業基本法が制定される見通しです。
法的・制度的には、従前とは比較にならない支援を、
小規模ビジネスが受けられるようになるとの期待が高まっています。

しかし、こうした展開は、現在の市場環境や産業構造のもとでは、
小さなビジネスが生き伸びるのは困難ということの証左でもあるわけです。

私たちは、公共の支援を活用しつつも、自らの才覚と努力を信じ、
そして、仲間同士による知恵と資源の重ね合わせをもって、
厳しさを増す市場に立ち向かう必要があります。
まさに、今こそ、小規模企業の経営者や起業家は、
その視点と思慮と力量を、激しく磨き合うべき時だと考える次第です。

これから始まる「切磋琢磨の会」は、NICe7年間の活動の到達地平であると自負し、
荒々しく、華々しく、清々しく、にぎにぎしく、活動を繰り広げていきます。


【切磋琢磨の会・企画運営委員を募集します】

この「切磋琢磨の会」のスタートに先立ち、活動計画を立案し、活動内容を企画し、
さらに活動の運営・推進を代表の増田とともに担ってくれる仲間=企画運営委員
を募ります。

資格は問いません。NICe会員か否か、NICeユーザーか否かも、問いません。
さらには、現在、経営者であるか否かも問いません。
「異なる者が集って積極的に学び合い、そこから新たな事業を生み出すこと」。
この目的に賛同してくださる方であれば、どなたでも委員になって頂けます。

きたる2月13日(木)18時20分より20時40分まで、
東京都港区の「新橋ばるーん」において、企画運営委員会を開催いたします。
ぜひとも、多くの志ある方々にお集まりいただければ幸甚です。

NICe代表理事である、私、増田紀彦をご存じの方でしたら、
「面白いことを始めるに違いない」と思っていただけるでしょう。
私をご存じない方は、ここから可能性を汲み取っていただけると幸いです。

ぜひ、一緒に未来へ!


<一般社団法人起業支援ネットワークNICe代表理事 増田紀彦>



●NICe代表理事 増田紀彦プロフィール
1959年11月23日(勤労感謝の日)生まれ。
地方新聞社、広告会社勤務を経て、87年、株式会社タンク設立。
企業広報や販売促進に取り組む。
97年、起業・独立・新規事業を応援する情報誌『アントレ』創刊に参加。
別冊『独立事典』や法人向けの新分野進出支援コンテンツを担当。
2004年、05年には経済産業省プロジェクト「ドリームゲート」で起業家育成プログラムのファシリテーターを務める。 また厚生労働省・女性起業家支援検討委員、
中小企業大学校講師、(財)女性労働協会理事も歴任。
2007年、経済産業省『起業支援ネットワークNICe』チーフプロデューサーに就任。同事業の民営化により、2010年一般社団法人起業支援ネットワークNICe代表理事就任。
一方、2009年には地域産品応援の店「なみへい」を共同設立。
2012年より福島県6次化創業塾講師。
著書に『起業・独立の強化書』(朝日新聞社)、『正しく儲ける「起業術」』(アスコム)ほか共著も多数。毎年、講演等を通じて2000人以上の経営者や地域振興関係者と出会い、アドバイスと激励を送り続けている。


Google+
コンテンツ

過去記事一覧はこちらから