最新情報最新レポートNICeとはつながり力NICeとはSNS代表から講演取材依頼ユーザーログイン

代表から

増田通信より「ふ~ん なるほどねえ」49「よそ者・若者・馬鹿者・それらを支持する者」



『恋するフォーチュンクッキー』のご当地バージョンが広がり続けている。
本数こそ数えていないが、You Tubeを開くと、出てくるわ出てくるわ。
全国の自治体や商店街、企業などの「一般人」たちが、
AKB48の曲に合わせて、恥ずかしげもなく踊りまくっているのである。

「秋元さんたち、うまく仕掛けたなあ」と思う。

が、その仕掛けに食いついて、ハンパない動画を制作する人たちも熱い。
とくに「お固い」はずの地方自治体が、積極的に取り組んでいる印象がある。

たとえば、「係長、うちもフォーチュンクッキー、やりましょうよ!」
と、どこかの市役所の総合企画部あたりの若い職員が言い出す。

「そんなこと言ったら課長が何て言うと思う?」と、
相談を持ちかけられた係長がはねつけてしまえば、それまでだ。

反対に、「なになに? 安上がりで、話題性があって、市民が一致協力?
いいね! 地域のPRにぴったりだな。よし、課長に話してみよう」と、
係長が言えば、ことは一気に進んでいくだろう。

地域活性の要は、「よそ者・若者・馬鹿者」とよく言われるが、
実際のところ、これらの人だけで物事を動かすことはできない。
この人たちの言うことや、やることを評価し、活用しようとする
理解者や支持者こそが、イノベーションを実現するキーマンだ。
企業も同じ。
経営者が「よそ者・若者・馬鹿者」を生かさない会社は硬直していく。

※秋田県横手市の正会員、鈴木尚登さんたちが踊りまくる
『恋するフォーチュンクッキー 横手Ver.』はこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=ajJ18YRldKE



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
増田紀彦NICe代表理事が、毎月7日と14日(7と14で714(ナイス)!)
に、NICe正会員・協力会員・賛助会員、寄付者と公式サポーターの皆さん
へ、感謝と連帯を込めてお送りしている【NICe会員限定レター「ふ〜ん
なるほどねえ」スモールマガジン!増田通信】。
第49号(2014/4/7発行)より一部抜粋して掲載しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


Google+
コンテンツ