最新情報最新レポートNICeとはつながり力NICeとはSNS代表から講演取材依頼ユーザーログイン

代表から

増田通信より「ふ~ん なるほどねえ」54「潜在的ビッグマーケットへ、Come on!」



我が家にも家系図はあるが、作図以前の時代のことはわからない。
未知の祖先の見当をつけるために残された手がかりは、家紋だ。
増田の家紋は「丸に州浜」。
その州浜を家紋にしていることで知られるのが、
私の実家の近くに城を築いていた玉置(たまき)一族である。

玉置氏は、和歌山県・熊野の豪族で、川伝いに移動して、
私の故郷の和歌山県日高川町に城を構えたと推測されている。
ちなみに、玉置家と増田家の菩提寺は一緒だ。

ということで、増田家は南北朝の頃、玉置氏と共に当地に来たと、
歴史好きの叔父が力説していた。
事実はわからないが、そういう推測の材料になる家紋は、やはり面白い。

しかし、今時の人はちゃんと家紋を使っているのだろうか?
最近は紋付きを誂える機会も減っているし、
霊園を眺めても、新しい墓石には家紋が彫られていない。

すべての家に紋章があるのは、世界広しと言えども日本くらいのもの。
この文化を復権できないだろうかと、以前から思っていた。
いや、文化の復権というのは、ちょっとキレイごとだ。
どこの家にもあるということは、潜在的な大市場だと考えていた。

ネットで「家紋シール」を販売している会社はある。
が、シール自体が、家紋の古くささを脱却できていない印象だ。
いっそホログラムにするとか、立体的にするとかすれば面白いのに。
私なら、それをスーツケースやキャリーバッグに貼り付けるだろう。

ところがとうとう、復権の片鱗が登場してきた。家紋パンプス。

まさに家紋を立体化したデザインで、これかなかなかカワイイ。
コスプレ用品などの販売で知られる「アシストウィッグ」の製品。
いわゆる「歴女」を狙ったようで、
用意されている家紋は黒田家、明智家、前田家などに限られているが、
その気になれば、どの家の家紋でも作ることができるだろう。

「家」を表す家紋は、男性社会の象徴でもあるが、
そのイメージをひっくり返す、カワイイ家紋アイテムをもっと考えたい。
いずれにせよ、この大市場をつかむための突破口は、女性狙いである。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
増田紀彦NICe代表理事が、毎月7日と14日(7と14で714(ナイス)!)
に、NICe正会員・協力会員・賛助会員、寄付者と公式サポーターの皆さん
へ、感謝と連帯を込めてお送りしている【NICe会員限定レター「ふ〜ん
なるほどねえ」スモールマガジン!増田通信】。
第54号(2014/6/14発行)より一部抜粋して掲載しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


Google+
コンテンツ