最新情報最新レポートNICeとはつながり力NICeとはSNS代表から講演取材依頼ユーザーログイン

最新情報:NICeな日記

第36回 中野啓子さんの『「パッケージデザインは大事☆」』



全国各地の異なる業種・地域・世代の人々が出会い学び合う
NICeのSNSの中から、ご本人の承諾を得て投稿記事を転載。
今回は、増田代表が選んだ2月月間最優秀日記をご紹介。
───────────────────────────
先日、商品パッケージについて意見を求められる機会がありまして、
そこでいろいろと気づいたことがあったので、シェアしたいと思います。

まず、大事なのは、どうしてそのパッケージデザインにするのか、
その理由につながるコンセプトです。

商品コンセプトに添った内容なら良いのですが、
商品コンセプトに合わないようなデザインでは、
お客様に商品内容が伝わりません。

たとえば「美白」がコンセプトなら、色は白系を多く用います。
「美白」コンセプトで黒や茶系パッケージでは内容が伝わりにくいです。

コンセプトを確認したら、販売チャネルを確認します。
チャネルで売れるデザイン要素がまったく違います。
販売している場所でお客さんが手に取りやすい要素を入れないと
販売につながりません。

競合商品と隣あわせに置かれる店頭販売商品は、
どれも自己主張が強いデザインになります。

隣の商品より目立たなければ、
さっぱりスッキリしたデザインではスルーされてしまいます。

そのチャネルでまかり通るデザイン常識が
パッケージに活かされていればいいですね。


意見を求められた商品は「○酒」なのに、
○のイラストや写真は使用されていませんでした。

表示されていたのは「△△魚」のイラスト!!!
この商品には○は配合されてなくて、△△魚エキスが入っているのかしら?
・・・そういうふうにお客様は思いますよね?

(いえいえ、入っておりませんでした)

メーカーの伝えたい真意は別のところにあったのかもしれませんが、
お客さんに伝わる表記をしないと買ってくれません。

商品コンセプトは何なのか?
チャネルに合ったデザインか?
その商品コンセプトが伝わる要素がデザインに表現されているか?
それがクリアになっていれば、そこそこちゃんと売れていく商品になります。

※2016年2月29日投稿

┌───────────────────────────────┐
 東京都千代田区/NICe協力会員・中野啓子(なかの・けいこ)さん
 株式会社ビューティラボ 代表取締役
 NICe会員情報はこちら
 http://www.nice.or.jp/category/members/members-tokyo
└───────────────────────────────┘



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「つながり力で起業・新規事業!」NICeメールマガジンVol.40
(2016.0324配信)「pickup! NICeな仲間の日記から」より抜粋して転載しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


なおこのメールマガジンは、毎月1回、21日頃にお送りします(土日祝の場合は翌平日)。NICeのSNSユーザー(SNSに登録)に限らず、どなたでもご購読登録いただけます。希望される方は、こちらのページにてご登録ください
http://www.nice.or.jp/archives/13068
バックナンバーはこちら一覧 
http://www.nice.or.jp/archives/22957

Google+
コンテンツ