最新情報最新レポートNICeとはつながり力NICeとはSNS代表から講演取材依頼ユーザーログイン

NICe創業・新規事業セミナー

第37回 経営初心者のための勉強会(NICe後援)開催速報




2016年6月22日(水)東京・東新宿で、第37回 経営初心者のための勉強会が開催された。これは、NICe認定連携事業「経営者のためのお悩み相談センター」http://www.iikeiei.com/が主催、NICe後援により定期開催している少人数制の勉強会。「経営者のためのお悩み相談センター」とは、発起人であり同会の主催者である上久保瑠美子さんが、経営者からのさまざまな相談の声に応え、自らの地域密着型集客コンサルタントの実績と経験、そして人脈を活かし、専門家仲間40数名を集めて結成した専門家集団による相談サービスのこと。経営者が抱えるさまざまな悩みや相談に対し、複数の専門家アドバイザーからアドバイスが受けられるというのもの。勉強会では毎回、その専門家アドバイザーひとりを講師に招いて、ミニセミナー&質疑応答で参加者同士も学び合い、さらに専門家へ直接、参加者がお悩みを相談できる本音トークの会。

第37回となる今回は、当会の代表であり、株式会社ii(イイ)代表取締役、集客・営業コンサルタントの上久保瑠美子さん自ら講師となり、『営業が苦手な女性のための「セールスコミュニケーション講座」』と題して行われた。



最初に上久保さんから、「経験に則したネタは山ほどあります。今日は限られた時間ですので、その中から特にみなさんが一番聞きたい、持ち帰りたいお話しをしたいと思います。まずは自己紹介を兼ねて、何が一番聞きたいか、参加目的を教えてくださいますか」とあいさつ。各自の営業にまつわるさまざまな悩みや事業課題を共有し、さっそく本題へ。

上久保さんは現在、コンサルタントとして複数の顧客から信頼を得ているほか、全国各地の経営者団体や事業社団体から講師依頼も多く、業界誌での連載コラムも担当するなど、営業人材・集客マネジメントの専門家として、幅広い業界を対象に活躍している。しかし当然のことながら、営業職に就いた当初から営業に長けていたわけではなかったと明かし、会社員時代から現在に至るまで、どのような“”営業人生”を歩んできたかを率直に語った。その間、さまざまな困難に直面し、課題に対峙しながら努力と行動を積み重ね、フランチャイズ事業では1000人以上もの人材を育成し、成約率90%という成果も遂げている。それらの経験則から、上久保さんは独自のセールストークやノウハウを開発し、独立後ももちろん現在もなお学び続け、ブラッシュアップを図っているのだという。「そもそも営業を苦手と感じるのはなぜか」、では逆に、売れる営業とは何が異なるのか。上久保さんが経験と実績から見いだした、売れる営業思考、視点、打開アクション、ステップアップ策、顧客との信頼関係の育み方、価値の伝え方、何を営業するのか=何を提供できるのか、セールストークの注意点、購買(契約)動機思考回路別のアプローチ、利他・公益の使命感、協業企画の提案方法、紹介を次につなげる重要ポイントなど、事例と実体験を交えながら具体的なポイントを惜しみなく披露していった。



引き続き同会場で行われた懇親会も本音トークで質疑応答が繰り広げられ、
和やかな雰囲気の中で大いに学び合った。




■次回 経営初心者のための勉強会 第38回は、2016年7月11日開催。
わらしべ特許商標事務所 所長、目印マーケティング株式会社 代表取締役、
弁理士の茅原裕二さんが講師となり、
「『東京五輪のエンブレム』から学ぶ著作権問題 これって使っていいの?作っていいの? 他人のものを参考・利用する際に問題となる点、注意すべき点とは」と題して学びます。
詳細はこちら http://www.nice.or.jp/archives/35478


■プラベートからオフィシャルまで「経営者のためのお悩み相談センター」
公式サイト http://www.iikeiei.com/
_______________________________
※NICe会員・上久保瑠美子さんが主催する「経営初心者のための勉強会」を
(社)起業支援ネットワークNICeは応援・後援しています。

●NICeのすべての予定一覧はこちら
●これまでの開催レポート 一覧はこちら

取材・文、撮影/岡部 恵
Google+
コンテンツ

過去記事一覧はこちらから