一般社団法人起業支援ネットワークNICe

ユーザーログイン
最新イベント


お役立ちコラム



Column
NICe代表理事の増田紀彦が、NICe正会員・協力会員・賛助会員、寄付者と公式サポ ーターへ送っている【NICe会員限定スモールマガジン増田通信】の中から、一部のコラムを抜粋して掲載しています。
増田通信より「ふ~ん なるほどねえ」291 飲まない香港人、飲む日本人



──▼────────────────────────────────
<最近の対比> 飲まない香港人、飲む日本人
──▼────────────────────────────────
かつては「食在広州」と言われたそうだが、現代は「食在香港」である。
もっとも広州市と香港は鉄道一本で行き来できる近さだし、
どちらの料理もベースは広東料理だ。

広東料理は日本の中華料理の源流でもあり、
日本人の口に最も合う中華料理と言っていい。
だから「中華」に箸を付ければ、自ずと酒を嗜みたくなる。

ところが、広東料理のメッカである香港の人たちは、
まず、飲酒をしない。老若男女問わず、ほぼ飲まない。
食事時に口にするのは、湯(スープのこと)か茶かコーラか水だ。

中国大陸全体では、むしろ飲酒はポピュラーだし、
かつての香港の宗主国であるイギリスもしかり。
なのに、香港人は飲まない。

だから飲食店にも町中にも電車の中にも酔っぱらいはいない。
いたとしたら、それはおおむね日本人だ。

ずっと、不思議だった。
大勢で集まるのが好きで、お喋りが好きで、美食が大好きな彼らが、
なぜ、酒を飲まないのか?
アルコール分解酵素を持たない人が多いのだろうか?
そうかもしれないが、そのへんの事実はわからない。

で、私の推論。

飲んでいる日本人以上に、飲んでいない香港人のテンションは高い。
ということは、香港人はアルコールの「効用」を必要としていない。
そういうことではないのだろうか。

彼らは初対面だろうが、立場が上だろうが下だろうが、
いや、それどころか、相手が言葉の通じない外国人だろうが誰だろうが、
臆せず、ずんずんぐいぐい話し掛け、
勝手に言いたいことを言い、勝手に笑ったり怒ったりし、
勝手に飽きて、勝手に別の人とのコミュニケーションに没頭する。

日本人がその様子を見たら、それこそ酔っていると勘違いするほどだ。
だが、繰り返すが、彼らは一滴も飲んでいない。
逆に考えると、なぜ、多くの日本人は飲酒をするのだろう?
余分なお金を使うことなり、安全を脅かすことすらあり、
しかも長期的には健康を害するかもしれないというのに……。

それでも飲酒をするのは、シャイな人が多いからではないか。
アルコールの力を借りて、ようやくホンネを口にできる人が、
この国には、きっと多いのだ。

ちなみに私の気質は、ほぼ香港人と一緒。
だから飲酒をしなくても、人見知りはしないし、会話もできる。

ところが自分はそうであっても、相手がシャイなら、
相手のトーンに合わせる必要がある。

相手に合わせなければ……と、思う時点で、
こちらにも一定程度の緊張感が芽生える。
だから、私も飲む。そして相手も飲む。それで用意ドン!となる。

ゆえに、日本人の民族構成が激変でもしない限り、
アルコールビジネスは不滅である!
と、言いたいところだが、
人と人とが顔を合わせて何かをする機会が減っていけば、
シャイな人がシャイのままでも差し支えなくなるので、
アルコールに対する需要は減少する可能性も否定できない。

どっちに転ぶだろうか、日本の近未来。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
増田紀彦NICe代表理事が、毎月7日と14日(7と14で714(ナイス)!)に、
NICe正会員・協力会員・賛助会員、寄付者と公式サポーターの皆さんへ、
感謝と連帯を込めてお送りしている【NICe会員限定レター「ふ〜んなるほどねえ」スモールマガジン!増田通信】。
第291号(2024/5.07発行)より一部抜粋して掲載しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
 前の記事
次の記事 



最新のお知らせ NEWS
2024-06-19 10:59:17EVENT
 予定:7月29日開催 増田紀彦講演:顧客認知価値を高めて売上げを伸ばそう! &暑気払い in 神田

プライバシーポリシー
お問い合わせ