最新情報最新レポートNICeとはつながり力NICeとはSNS代表から講演取材依頼ユーザーログイン

代表から

アイデアとプランはクルマの両輪

<「単なるアイデア」などと言うなかれ!>

いきなりですが、私の嫌いな言葉を紹介します。「単なるアイデア」。このフレー
ズ、いうまでもなく、否定的なニュアンスで使われますよね。でも、断言しちゃいま
すが、こういう言い方をする人に限って、ろくなアイデアを持っていないものです。
おおかた、アイデアを軽視していたり、アイデアを発想する努力を回避していたりす
る人の常套句です。事業活動におけるアイデアの価値がわからないということは、ビ
ジネスがわかっていない、ということになるんですけどねえ。

この手の人は続けてこう言います。「プランになっていなければダメだよ」と。聞い
たことのあるセリフじゃないですか? 確かに、この理屈が100%間違いだとは思い
ません。アイデアがあっても、それをビジネスとして動かしていくためのプランがな
ければ、絵に描いた餅になってしまうのは事実です。

でも、それなら逆も言えませんか? いくら綿密なプランを立てて実行に移したとこ
ろで、そのビジネス自体に魅力がなければ、意味がありませんよね。

そもそも、単なるアイデアなんていうものはありません。アイデアとは、たくさんの
知識(常識も知識ですし、専門知識も知識です)が、知恵によって結びついて、新し
い概念としてイメージされてきた状態のことを言います。

聞けば、「ああ、そんなの誰でも思い付くかもね」と思えるようなアイデアでさえ、
その背景には、実に多くの情報や思いが隠されているものです。

人類の発展の歴史は、つまるところ、アイデアの歴史です。別々に認識していた旧知
の情報同士を結合させることで、新しいものを生み出し続けてきたからこそ、人類は
たえず発展を続けてこられたのです。そんな尊いアイデアという宝物を、吐き捨てる
ように「単なる」などと呼んでしまっていいはずがありません。だからアイデアを尊
重しない人は、起業家に向きません。業を起こすということは、ほかでもなく、新た
なアイデアを世に問うという行為なのですから。


<ビジネスアイデアの発想・開発>

ビジネスアイデア発想とは、ほんのわずかでも、従来のビジネスにはなかった「新し
さ」を、事業の仕組みのどこかに実現していくことです。それは製品やサービスの内
容そのものでもいいですし、製造法や仕入れ方法の違いでもかまいません。また、品
質面でも、価格面でも、提供の方法でも、ネーミングやパッケージでも、対価の回収
方法でも、アフターフォローの方法でも、何でもかまいません。どこか決定的に、
「今までの○○より、ここがいいでしょ」と、マーケットに訴えられるものを考えて
いくことです。そういう価値があればこそ、それを実現し、稼働させ、成長させるた
めにプランが必要になるわけです。

『会社法とアイデア&プランの関係』でも書きましたが、アイデアとは価値の創出の
こと。プランとは、その価値を提供するための方法のこと。アイデアあってのプラン
ですし、プランあってのアイデアです。この関係を忘れないでください。そして言う
までもないことですが、まずはビジネスアイデアの発想・開発があって、その次にビ
ジネスプランの立案という順序になります。
コンテンツ