最新情報最新レポートNICeとはつながり力NICeとはSNS代表から講演取材依頼ユーザーログイン

今後の予定

3月10日開催「さとうさんde復興支援」 さとうさん南三陸町に集合!

【開催内容】
NICeな仲間である茅原裕二さんが、3月10日(310でさとう)に、
南三陸町にて、東北復興応援・町おこし企画を主宰します。
その名も「”さとう”さん 南三陸町に全員集合!!さとうさんde復興支援」

南三陸町の民宿「清観荘」http://seikanso.com/
全国から”さとう”さん30人と、現地の方(特に”さとう”さん)が集合し、
現地の人のお話を聞いたり、”さとう”さん同士で宴会などを通じ、
親交を深めるとともに、震災被害者を慰霊します。
現在、津波ですべてを失ってしまった南三陸町の漁師の佐藤長治さんが
現地で参加してくださることが決まっています。



【開催日】
2012年3月10日(310でサトウだから・・・)

3月10日(土)14時に仙台駅集合。
11日(日)12時に仙台駅解散(予定)

※マイクロバス(25人乗り)、レンタカーで宿まで往復します。
※レンタカーを借りて宿に17時までに来て頂いてもOKです。
ただし、その場合のレンタカー代は各自ご負担願います。

【開催場所】
南三陸町 民宿「清観荘」http://seikanso.com/

【プログラム】
・南三陸町の民宿「清観荘」に一泊。
・被災地の状況を実際に自分の目で見る。
・”さとう”という目印を使って、被災地の復興支援、町おこしなど出来ることを考える。
・現地の人の話を聞く、現地の人および、さとうさんどうし親交を深める、慰霊
・現地の人と宴会

【参加資格】
以下のいずれかにあてはまる人、30人募集!!
●苗字が”さとう”の人
※ただし、漢字は”佐藤”でなくてもOK。例えば、佐東、左藤などとにかく”さとう”という称呼が生ずればいいです。また、旧姓が”さとう”の方もOKですし、家族連れの参加もOKです。
●さとうさんを応援したい人、
さとうさんがいっぱいいる東北を応援したい人。

【参加費】
無料/仙台〜清観荘の往復チャーターバス代・宿泊費・宿での宴会費は無料です!
(ただし、仙台駅までの交通費は各自ご負担ください。
 また、現地の方への支援金として、おひとり3000円ご寄付願います。
 その一部を現地の方の参加費および現地産品の購入費に充て、
 参加したみなさんへお土産としてお渡ししたいと考えています)


【主宰】
茅原裕二(かやはら・ゆうじ)
  わらしべ特許商標事務所 所長、
  NICe正会員 会員情報はこちら

【後援】
一般社団法人起業支援ネットワークNICe

【募集人数】
30人(3×10で、サトウだから・・・)
※”さとう”さん以外でも協力してくれる方を若干名募集しています。

【申し込み】
参加申し込みはこちらの申し込みフォームからお願いします
URL:http://ws.formzu.net/fgen/S78902180/




【主宰者から一言】

日本一多い苗字は佐藤であり、日本全国に200万人以上います。
そして、佐藤という苗字は震災で大被害を受けた東北地方に多いのです。
もし、日本中のさとうさんの力が終結したら、巨大な力になるはず…。

そんな想いと、
初出版の拙著のタイトルが『佐藤さんはなぜいっぱいいるのか?』(講談社)で
あることから、私のできる東北被災地復興支援および町おこし企画を考えました。

<本企画のねらい>
・3月10日に日程を決めたのは、震災からちょうど1年であることと、
 3と10でサトウだから。

・本企画をきっかけに、毎年3月10日を「さとうの日」とし、
 震災を忘れない日を作りたい。

・本企画をきっかけに、鈴木さん、高橋さんなどが
 なにか企画してくれればもっと盛り上がる。

・田舎のないさとうさんが、本企画をきっかけに
 東北地方を自分の心のふるさとだと思ってもらえたら。

・震災から1年が経過し、一人ひとりが自分なりの復興支援の仕方を
 あらためて考えてみる。

どうぞよろしくお願いします。

コンテンツ

過去記事一覧はこちらから