最新情報最新レポートNICeとはつながり力NICeとはSNS代表から講演取材依頼ユーザーログイン

地域NICe勉強会

第14回 NICe関西 起業応援フェスティバルin KOBEレポート

 

2012年4月15日(日)、神戸市で「NICe関西・起業応援フェスティバルin KOBE」が開催された。これは、“人と人のつながりによる相互支援を身近に感じてもらい、起業へのステップへつなげてほしい”との思いから、NICe関西実行委員会のメンバーが企画開催した起業支援特別イベント。起業前後に役立つ情報やサービスを提供する30ものブースが出展されたほか、増田紀彦代表理事ら4名のNICe有志が講師を務める無料セミナーも実施された。また、この日のために制作された起業インタビュー冊子『となりの起業物語 ~初めの一歩を踏み出そう~』の無料配布や、おみくじが引ける起業神社の設置など、充実のプログラムの中にも、“人と人のつながり”を感じさせる温もりがいっぱい。来場者は、起業家や起業予定者、学生など、140名におよび、ブース出展者を含めると総勢200名以上が参加。まさに、フェスティバルと呼ぶにふさわしい、活気あふれるビッグイベントとなった。

▼開場は朝10時。その数時間前から、実行委員長の山中智香氏のかけ声のもと準備が開始された。展示ブースは企業、個人、団体などさまざま。起業お役立ちツールやサービス提供をはじめ、先輩起業家の事業PR、社会貢献活動、被災復興応援、起業相談など、30ブースが出展。関西エリアだけでなく、北陸、東海、関東からもNICeの仲間が出展したほか、宮城県南三陸町から応援団も駆けつけた

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

    

  

▼来場者全員にプレゼントされた冊子『となりの起業物語 ~初めの一歩を踏み出そう~』。先輩起業家42名ひとり一人の創業ストーリーが、等身大の温かなメッセージで構成され、読み応えは十二分! 巻末には、起業前に多くの人が抱える不安や疑問に42名の起業家が答えた「起業の疑問Q&A」も掲載
 

▼午前から4回にわたり実施された各45分間のセミナーはすべて満員御礼! 4本すべて受講した来場者も少なくなく、立ち見が出るほどの人気プログラムとなった

寺田勝紀氏「起業前も起業後も!5つの経営資源の創りかたと増やし方!
〜ビジネスに必要な元手を貯めよう〜」
 

長沼実侑紀氏「ソーシャルメディアマーケティング戦略
〜中小零細のソーシャルメディアを活かした広報プロモーション〜」
 

坂元ますみ氏「ゼロからはじめる顧客集め
〜営業部なんていらない!ひとりでもできる新規顧客開拓〜」
  

増田紀彦代表理事「起業成功の原動力は、知恵とつながり力!
〜資金不足は、むしろあなたの創業準備を強くする〜」
 

▼こちらも人気コーナーだった「デジタルサイネージ起業神社」。
参拝後にはおみくじも引け、その結果に悲喜こもごも!
 

  

▼セミナーの合間には、山中実行委員長が各ブースを回って出展者紹介とインタビューを行い、場内を盛り上げた
 

▼受付けも各ブースも、実行委員会のスタッフや出展者同士が協力しあい、交代で休憩したり、互いに体験したり
  

  

  

  

  

  

  


■NICe関西・起業応援フェスティバルinKOBE 実行委員長・山中智香氏から一言

「これから起業をする人にとって役立つ事をしたい、と思ったのが今回のイベントを開催するきっかけでした。私自身、NICeのメンバーたちにいろいろな角度からアドバイスをいただいたり、相談に乗っていただいたりしたことで、背中をポンと押してもらったような感じを受けたからです。
そんな“勇気”と“希望”があって前へ進める“きっかけ”になるイベントにしたいという気持ちで動き出しました。

とはいっても、セミナーとブースのイベントは、実行委員全員が初めて企画すること。そのうえ、『となりの起業物語』という冊子の制作も同時進行でした。準備は手探り状態でしたが、メンバーがそれぞれの持ち味、得意分野の力を発揮できた素晴らしいチームワークだったと思います。

当日のセミナーの時に、真剣にメモをとりながら聞き入っている参加者さんたちを拝見したり、ブースのご感想をいただいたりしたことで、『開催してよかったな~』と実感しました。
ご協力いただいたブース出展者の皆さま、セミナー講師の皆さま、参加者の皆さま、お手伝いいただいた皆さま、遠くから応援してくださったNICeの皆さん、書き切れない程の方々のおかげで出来上がったイベントだと思います。本当にありがとうございました!」


撮影/森川正彦氏
取材・文、撮影/岡部 恵
コンテンツ