最新情報最新レポートNICeとはつながり力NICeとはSNS代表から講演取材依頼ユーザーログイン

メールマガジン

vol.71【増田紀彦の視点・ユニークな採用戦略で、人手不足を乗り越えよう】


■□■───────────────────────────■□■
                        2018.8.21 
   「つながり力で起業・新規事業!」 メールマガジンVol.71

     起業支援ネットワークNICe https://www.nice.or.jp/

■□■───────────────────────────■□■


このメルマガは、NICeユーザーに限らず、
NICeの活動に参加された方々、
またはNICe代表理事・増田紀彦と名刺交換をされた方々、
および全国の起業家、経営者、農林水産事業者、起業・創業希望者、
地域振興関係者、中小企業支援・創業支援機関、
一次産業支援機関の方々へ送信しています。

まもなく第6回NICeなビジネスプランコンテスト公募はじまります!




  ┃目┃次┃ ┃ ┃ ┃ ┃ 
 ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

【1】 「増田紀彦の視点 どうする?日本経済」

    厳しさを増す経済・経営環境に立ち向かうために、
    増田代表が送る、視点・分析・メッセージ
   
    第58回 ユニークな採用戦略で、人手不足を乗り越えよう

【2】 シリーズ「NICeなビジネスプラン誕生秘話」

    NICeなビジネスプランコンテスト入賞プラン、
    その起点となった発想と、現在の進捗状況を紹介
    
    第16回 池田公也さん(栃木県)

【3】 最新情報
    開催速報 NICe東海 頭脳交換会 
    共催インターアクトスペースWits
    など4本

【4】 活動予定 NICeの主な勉強会
   
【5】 お知らせ 3本
    NICeなビジコン入賞者の進捗情報
    NICeな仲間の催事、講演情報  

■□■───────────────────────■□■
     「増田紀彦の視点 どうする?日本経済」

     第58回 
     ユニークな採用戦略で、人手不足を乗り越えよう

■□■───────────────────────■□■


【高額時給の工場にアルバイトを奪われた農家】

無沙汰をかこっていた米農家の友人と、久々に一杯をやることにした。
待ち合わせの1時間ほど前だったか、その友人から電話があった。
「オヤジが田んぼで倒れたので、少し遅れるかもしれない」と。
熱中症だったそうだ。それにしても、なぜこんな猛暑の中、圃場へ?

「実はバイトさんにやめられてしまって……。
それで仕方なくオヤジに除草や水の管理をやらせたんです」。

友人はこれまでアルバイトに対して時給900円を支払っていた。
ところが今年になり、自動車で1時間ほどの大都市にある工場が、
時給1500円で従業員募集を開始し、アルバイトもそこに勤めたという。

調べてみたら、そこは有名な会社の工場で、
時給の高さもさることながら、ボーナスはあるわ、有給休暇はあるわ、
各種手当てはあるわ、しかも無料で夜食が提供されるわ……。
これでは、一介の農家が太刀打ちできるわけがない。


【デフレを前提とした利益構造に苦しむ小規模企業】

それにしても時給1500円とは……。
いや、実際にはもっと高額な時給を支払う会社もある。
この金額だけを見ていれば、さながらバブルの再来だ。

その高待遇の工場と同じ町で、清掃会社を経営する知人が嘆く。
「もう、無理。ウチの給料じゃ、人なんて全然集まらない」と。

だったら給料を上げればいいと、言い切れるほど話は簡単ではない。
人件費の上昇を理由、顧客に作業代金の値上げを要求しようものなら、
たちどころに他社に仕事を奪われてしまうのが現実だ。

清掃業に限らず、法人相手のサービス業は、長年、低価格競争を繰り広げてきた。
発注側は、多々ある同業者の中から、1円でも安い見積りを出す相手を選択する。
その結果、サービス業側は、さらなる値下げを断行する。
この連鎖がデフレを生み出すわけだが、すでにサービス業の多くは、
デフレを前提にした利益構造を確立してしまっている。
つまりは、利益創出の原資を低賃金労働に求める仕組みである。
だから、労働市場が完全な売り手市場だとわかっていても、対応ができない。


【高齢者や専業主婦を積極的に活用しよう】

しかし何もしなければ、座して死を待つも同然である。
人件費を上げるべく、利益を上げるための策を打つか、
人件費はそのままでも、人が集まるような策を講じるか、
もしくは、人手に頼らない方法、つまりは機械化・自動化などを進めるか、
おおよそ、こうした方法のいずれかに的を絞って、打ち手を練るべきである。

ちみなに友人の農家は、今後、シルバー人材センターの助けを借りるという。
稲作は、1年通して作業があるわけではないので、
スポット的に高齢人材を活用する方法はいい選択だと思う。

もっとも年間を通して繁閑差のない事業であっても、
高齢者や専業主婦など、「働こうと思えば働ける」人々を、
うまく、無理なく、きめ細やかに活用する努力を小規模企業はすべきだろう。


【給料の額だけが、従業員を集める手立てではない】

とはいえ、炎天下での農作業や、深夜に及ぶ清掃作業などは、
多くの人が好んで就こうとする仕事とは言い難い。
建設や運輸なども同様、「きつい仕事」が敬遠されるのは、もっともだ。

しかし、手はある。北陸のとある都市のメッキ工場の話。

メッキ加工は、それこそ4K(きつい、臭い、汚い、危険)の代表業種だが、
その会社では、就職を希望する人が後を断たないという。

なぜか? 簡単に言うと、従業員一人一人を「スター扱い」しているからだ。
例えば「黒染の達人・鈴木」「バフ研磨の鬼・佐藤」「アルマイトの寵児・田中」、
そんなふうに一人一人に異名を付け、ネットで紹介する。
そして彼ら自身が発信も行い、時には顧客から感謝の言葉を送られることもある。
部品加工に携わる従業員が、仕事ぶりを顧客に誉められることなど、稀である。
否が応でも、やる気がわいてくる、という寸法だ。

これは、あくまで一例。
要点は、給料の高さだけが、従業員募集の手立てではないということを、
経営者がしっかり認識することである。

私自身、その昔、月給30万円のデザイン会社への就職を断り、
月給22万円の会社を選んだ経験がある。
高いほうの会社のオフィスは殺風景であり、安いほうの会社のオフィスは、
まるで図書館のように、デザイン関係の書籍が壁一面に並んでいた。
自分が成長できる環境はどちらか……。そういう選択だった。

働いてくれる人たちが、お金のほかに欲するものはないのか?
まずは、そこを徹底的に考え、調べ、探ることが、脱人手不足の第一歩である。

<一般社団法人起業支援ネットワークNICe 代表理事 増田紀彦>



■□■───────────────────────■□■
    「NICeなビジネスプラン誕生秘話」 第16回

第5回NICeなビジネスプランコンテスト 審査委員長特別賞

 池田公也さん(栃木県宇都宮市)
 株式会社デジロウ 代表取締役
 
 受賞プラン名称
『遠方から客を連れてきます!
 SNSを活用した地域イベント集客サービス』
 
■□■───────────────────────■□■


◆3年連続エントリー、ビジコンを活用して事業進化へ挑む姿勢に評価

2017年12月に開催された第5回NICeなビジコン本選の表彰式で、
「特別賞おめでとう、そして、応募してくれてありがとう!」と
増田審査委員長から感謝を込めた賛辞が贈られたのが、
栃木県宇都宮市から来場した池田公也さんだ。

この2年前、2015年の第3回ビジコンでも奨励賞を受賞。
そのプランから派生して事業化した『でじろうサーベイ』を
さらに発展させたプランで第5回に応募し、審査委員長特別賞を受賞した。

『でじろうサーベイ』とは、イベント来場者がスマホで楽しみながら、
アンケートや人気投票に参加できるデジタルマーケティングシステムだ。
「地域イベントを盛り上げたい」
「お客さんにアンケートを取って声を聞きたい」
「イベントの集客、協賛を募るのが厳しい」などの課題やニーズを
地元の経営者仲間から聞き池田さんが開発した。

イベント主催者にITの専門知識がなくても運用がしやすく、
スマホ上に協賛企業の商品PRもできるため、スポンサー集めにも貢献。
集計・分析・結果は10種類以上のグラフ化で把握しやすく、
来場者特性まで明確になる分析レポートを池田さんが作成する。

この発展形を思いついたのは、2017年の秋、
地元イベントで採用されたことがきっかけだった。


◆次開催への有効活用を確信&新たなニーズと市場を発見

池田さんの地元は、大谷石(おおやいし)で有名な石の街。
深さ30m、広さ2万平米の地下採掘場跡・大谷資料館では、
さまざまなイベントが開催されている。そのひとつ
『フェスタin大谷』で、『でじろうサーベイ』が採用された。

「地域イベントというと、これまで地元の人が参加すると見込んで
チラシでの告知がメインでした。でも集計結果と分析から見えたのは、
遠方からの来場者の多さ。さらにSNSを見て来た人が昨年比10倍!
またその多くが友人を誘い、複数人で来場していることもわかったのです。
次回の集客戦略に大いに活かせる!と自信が持てました」

だが、SNSをどう運用してよいのかわからないイベント主催者は少なくない。
そこで池田さんは、SNSを活用したイベント集客から効果検証までを
手厚くサポートするプランを考えたのだった。


◆イベント企業との連携で、ドームやスタジアムでの活用へ!

とはいえ、ひとり経営者のため注力できるリソースは限られている。
まずは『でじろうサーベイ』の有効性を周知しようと、展示会などにも出展。
さっそく東京のイベント企業の目に留まり、協働で大規模イベントも可能に。
2018年6月には、東京ドームで開催された日本社会人アメリカンフットボール
『Xリーグ』決勝戦に採用された。

「自分の技術で地域に貢献したい、地域の小中企業経営者の役に立ちたいと、
努めている中で生まれたでじろうサーベイが、
東京ドームでのイベントに採用いただけたのはやはり嬉しいです。
栃木県内は手づくりイベントやプロスポーツチームも多いので、
盛り上げに貢献して、地元チームを応援していきたい。
あわせて、全国のドームやスタジアムでのスポーツイベント、
そして2020年のオリンピックも視野に、これからも挑戦したいです」

今年もまもなく第6回NICeなビジコンの応募が始まる。
連続エントリーで事業を進化させてきた池田さん。
こちらもぜひまた挑戦してほしい。


▲2017年12月開催 第5回NICeなビジネスプランコンテスト本選 表彰式で増田審査委員長から表彰状を授与。右写真の記念撮影では中央列の左から3人目

┌───────────────────────────────┐
 池田公也(いけだ・ともなり)さん/栃木県宇都宮市
 株式会社デジロウ 代表取締役
 http://digirow.com/
 
○プロフィール 1976年3月9日、栃木県宇都宮市出身。
中学時代は柔道部主将。大学は工学部建築学科に進学するも、インターネ
ットに興味をもち進路変更してカリフォルニア大学へ。Jacobs School of
Engineeringで計算機科学の学位取得。帰国後、米国企業の日本法人に3年
勤務し、2006年にフリーランスの技術コンサルタントとして独立。自社オ
リジナルサービスの開発販売を機に、2012年、故郷へUターンし法人化。
2015年、第3回NICeなビジコンで奨励賞を受賞。2016年11月『でじろうサ
ーベイ』始動。2017年、第5回で審査委員長特別賞。経済産業省認定『サー
ビス等生産性向上IT導入支援事業・IT導入支援事業者』でもあり、小規模
企業や個人店のIT化をサポート。現在は多忙だがいつか、大学時代に趣味
だったサーフィンを再開したいと思い始めている。
└───────────────────────────────┘
 
 

■□■───────────────────────■□■
   NICe最新情報→ https://www.nice.or.jp/info

■□■───────────────────────■□■

《Report》 8月16日更新
  開催速報 NICe東海 頭脳交換会 
  共催インターアクトスペースWits
  https://www.nice.or.jp/archives/43134
───────────────────────────
《Mr.NICe》 8月14日更新
  増田通信より「ふ~ん なるほどねえ」149
  <最近の明言> 志と腰の関係
  https://www.nice.or.jp/archives/43069
─────────────────────────── 
《News》  8月8日更新
  茨城新聞に掲載されました「頭脳交流会 in ワグテイル」
  https://www.nice.or.jp/archives/43034
───────────────────────────
《Mr.NICe》 8月7日更新
  増田通信より「ふ~ん なるほどねえ」148 
  <最近の発見> 音の効用(もしくは高揚)
  https://www.nice.or.jp/archives/43024
─────────────────────────── 



■□■───────────────────────■□■
    NICeの活動 イベント、勉強会等のお知らせ

     https://www.nice.or.jp/real_schedule

■□■───────────────────────■□■


8月22日 (水)第63回 広報勉強会(NICe後援)
「インフルエンサーマーケティング」
───────────────────────────
8月26日(日)千葉県千葉市、9月13日(木)東京都、
9月15日(土)北海道、9月16日(日)さいたま市、静岡県静岡市、
9月29日(土)千葉県、栃木県、ほか
 一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会主催
 防災備蓄準備のための基礎知識を学ぶ
「防災備蓄収納2級プランナー」講座(NICe後援)
───────────────────────────
9月4日(火)NICe頭脳交換会 in 札幌  
 共催 北海道起業メンター協会 
───────────────────────────
9月5日(水)第51回 経営初心者のための勉強会(NICe後援)
【番外編】オトナ女子の一人飲み講座~出会いは飲み屋にある~
───────────────────────────
9月5日(水)&9月6日(木)東京都港区、
9月11日(火)&9月12日(水)北海道札幌市
9月19日(水)&9月20日(木)大阪府大阪市
 一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会主催
「防災備蓄収納1級プランナー」講座(NICe後援)
───────────────────────────
9月14日(金)15日(土) アントレフェア (入場無料)
 14日は増田代表の講演もありマス
 詳細・事前参加申し込みは アントレネット
 https://entrenet.jp/
───────────────────────────
9月27日(木) 第64回 広報勉強会(NICe後援)
「効果が大きい!WEBを使ったニュースリリース配信」
───────────────────────────
10月19日(金)NICe東海 頭脳交換会 
 共催 インターアクトスペースWits


┌───────────────────────────┐
 上記はSNS登録を問わずご参加いただけます。
 詳細はこちら予定一覧 https://www.nice.or.jp/real_schedule
 これまでの開催レポートはこちら https://www.nice.or.jp/real_all

└───────────────────────────┘



■□■───────────────────────■□■
  お知らせ1 NICeなビジネスプランコンテスト入賞者情報
  
 プチ起業を応援「チャレンジ・キッチン」実践体験説明会開催
            &
「いすみを食べつくす! ナイスミーフェスタ2018」出展者募集
■□■───────────────────────■□■

第5回NICeなビジネスプランコンテストで本選に登壇し、優秀賞を
受賞した川野真理子さん(なみへい合同会社 代表社員)が、プチ
起業を応援する「チャレンジ・キッチン」をスタートしました。
その実践体験説明会を開催します。

8月28日(火)・9月3日(月)12:00~14:00 (両日同内容)
詳細・参加申し込みはこちら
 https://www.namihei5963.com/namihei-board/detail.cgi?sheet=hp3&no=2311
 
また、10月7日(日)に千葉県いすみ市で開催する「いすみフェス」
出展者を市内外から募集しています。
詳細はこちら
 http://kawano-mariko.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/post-7d49.html

 
■□■───────────────────────■□■
      お知らせ2 NICeな仲間の催事情報 
    
 新潟県十日町から、9/29.30東京・しながわ宿場まつり出展
■□■───────────────────────■□■


昨年12月開催のNICeつながり祭りで、頭脳交換プログラムに登壇
くださったお米職人集団(有)白羽毛(しらはけ)ドリームファ
ームの樋口徹さんが、東京で対面販売会を行います。
自慢のお米の升量り売り(山盛りで100円)、新米予約のほか、
朝採り新鮮夏野菜、枝豆、八色スイカ、笹団子など産地直送です。

聖跡公園
9月29日(土)11:00~20:00
9月30日(日)10:00~18:00
 しながわ宿場まつりHP
 http://shinagawa-shukuba-matsuri.com/
 
 (有)白羽毛(しらはけ)ドリームファーム
 http://shirahake.com/


 
■□■───────────────────────■□■
      お知らせ3 NICeな仲間の講演情報 
      
  起業・販促・ブランディングなど全国各地で&無料面談も
■□■───────────────────────■□■


NICeなビジネスプランコンテストの審査委員であり、本選では
名司会でおなじみの(株)ベンチャーコンサルタント 代表取締役
寺田勝紀さんが、全国各地で起業・販促・ブランディングなどの
セミナーに講師として登壇しています。受講無料の講座も多々あ
るほか、東京、大阪、名古屋では毎月無料面談も実施しています。

8月22日(水)日本政策金融公庫新潟支店主催
「起業直後の経営課題を解決する究極の販促術」
9月4日(火)大村商工会議所主催
「ホームページとSNS活用を使ったIT販路開拓術」
9月5日(水)伊達商工会議所主催
「”魅せる”写真の撮り方と”掴む”キャッチコピーの創り方」
9月11日(火)全国生活衛生営業指導センター主催
「小さなお店のための使える販促術」
9月13日(木)八日市商工会議所主催
「オンリーワンの商品開発と販路開拓の基本」
9月18日(火)佐世保商工会議所主催
「魅せる写真の撮り方と掴むキャッチコピーの創り方」
10月3日(水)彦根商工会議所
「販路開拓セミナー」、ほか

詳細はこちら
 https://www.vec-inc.info/

 
■□■───────────────────────■□■
 ┃ ┃ ┃ ┃ ┃編┃集┃後┃記┃ ┃  
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛  

今月は久しぶりに名古屋で「NICe東海」頭脳交換会が開催されました。
増田代表も参戦し、かなり盛り上がったそうです(次回は10/19)。

今号の「NICeなビジコンン誕生秘話」に登場いただいた池田さんと
初めて会ったのも、3年前の「NICe東海」のスペシャル勉強会でした。
池田さんは栃木県在住なので、
「お仕事か何かのついでかな?」と思ったのですが、
この勉強会の為だけにいらしたと聞き、
驚いたと同時に感激したことを今でも鮮明に覚えています。
この時のプログラムは、おなじみの頭脳交換会、そして
増田代表の特別講演『入賞者に続け! 
NICeなビジネスプランコンテスト』でした。

今年もまもなく第6回NICeなビジコンの公募がスタートします。
詳細は決まり次第、メルマガ臨時号にてお知らせいたします。
予告はこちら
 https://www.nice.or.jp/archives/42485
 
次号の「つながり力で起業・新規事業!」NICeメルマガは、
9月11日頃に配信予定です。
(NICe広報・岡部)



┌───────────────────────────────┐
 増田紀彦代表およびNICe会員への
 講演・取材依頼はこちらフォームにて受け付けています
 http://ws.formzu.net/fgen/S41692880/
└───────────────────────────────┘
┌───────────────────────────────┐
 NICeのSNSは登録も利用も無料です。
 登録ご希望の方はこちら「初めての方へ」をご覧ください。
 https://www.nice.or.jp/first
 ご不明点はこちらQ&A、またはメールにてお問い合わせください
 https://www.nice.or.jp/about_sns
 Email :jimukyoku@nice.or.jp
└───────────────────────────────┘
┌───────────────────────────────┐
 メルマガのバックナンバーズ 一覧はこちら
 https://www.nice.or.jp/archives/22957

 メルマガの登録および解除はこちら
 https://www.nice.or.jp/archives/13068
└───────────────────────────────┘

■□■───────────────────────■□■

   つながり力で、日本経済と地域社会の未来を拓く!

■ 発行: 一般社団法人起業支援ネットワークNICe
■ 〒152-0001 東京都目黒区中央町2-6-8-1F
■ URL:https://www.nice.or.jp/
■ Facebook:https://www.facebook.com/nice.or.jp
■ TEL&FAX (03) 6316-9029
■ Email: jimukyoku@nice.or.jp
■ 代表理事 増田紀彦

■□■───────────────────────■□■
         Copyright(C) NICe
■□■───────────────────────■□■


Google+
コンテンツ