最新情報最新レポートNICeとはつながり力NICeとはSNS代表から講演取材依頼ユーザーログイン

メールマガジン

vol.89【増田紀彦の視点・さあ、「経済効果」に食い込もう!】


■□■───────────────────────────■□■
                        2019.5.21 
   「つながり力で起業・新規事業!」 メールマガジンVol.89

     起業支援ネットワークNICe https://www.nice.or.jp/

■□■───────────────────────────■□■


このメルマガは、NICeの活動に参加された方々、
またはNICe代表理事・増田紀彦と名刺交換をされた方々、
および全国の起業家、経営者、農林水産事業者、起業・創業希望者、
地域振興関係者、中小企業支援・創業支援機関、
一次産業支援機関の方々へ送信しています。

  ┃目┃次┃ ┃ ┃ ┃ ┃ 
 ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

【1】 「増田紀彦の視点 どうする?日本経済」

    厳しさを増す経済・経営環境に立ち向かうために、
    増田代表が送る、視点・分析・メッセージ
   
    第67回 
    さあ、「経済効果」に食い込もう!

【2】 「先輩経験談 あるある!ピンチ&リカバリー」

    起業したては誰もが新人。独立してから遭遇する、
    始動して初めてわかる、直面するピンチや悩みの数々。
    そんな「起業あるある!」事例から学ぶ新シリーズ

【3】 最新情報
    プレゼンテーマ発表!
    6/1頭脳交換会 in 白河(初開催!)参加費無料
    など4本

【4】 活動予定 NICeの主な勉強会

【5】 お知らせ
    NICeなビジコン入賞者の活動情報


■□■───────────────────────■□■
    「増田紀彦の視点 どうする?日本経済」

    第67回 
    さあ、「経済効果」に食い込もう!

■□■───────────────────────■□■


【プロ野球の一試合あたりの経済効果】

プロ野球が開幕して、そろそろ2カ月が経つ。
事前の評価が高くなかった阪神タイガースだが、まずまず健闘している。
「これくらいのペースなら、彼の機嫌もそう悪くないだろう」と、
熱狂的なタイガースファンの旧友の心中に思いを馳せた。

東大阪市で町工場を経営するその「トラキチ」は、本当に働き者だ。
頑張って稼いで、甲子園球場の年間席を購入するのが、そんな彼の楽しみ。
実際、彼が購入した内野席に、私は何度もご招待して頂いている。
ちなみに私が甲子園に足を運ぶと、タイガースは負けない。
一度も負けていない。接待を受けたら、確実に見返りを提供する私である(笑)。

なので、入場料こそ「ロハ」ではあるが、
東京から兵庫県西宮市まで出掛けていくのだから、それなりに出費はする。
新幹線の乗車賃や宿泊代は当然だが、そのほかにも何かとお金がかかる。

まず、甲子園球場近くの駐車場料金(トラキチが送迎してくれるので)、
観戦中の飲み物代やおつまみ代、応援グッズの購入費、
試合後の祝勝会(飲み会)の代金、帰路の高速道路料金などなど……。
ざっと見積もっても、私一人で6万円以上は使っている計算だ。

むろん、私と違って関西圏から観戦に来る人のほうが多いだろうが、
それでもナイターに出掛けて帰ってくれば、何だかんだで一人1万円は使う。
甲子園球場の席数は4万7508。単純計算でも一晩で5億円近くの経済効果だ。


【経済効果研究の第一人者、宮本勝浩博士】

もっとも、これが「タイガース優勝!」ともなると、桁違いの数字を生む。
このへんは、関西在住の経済学者、宮本勝浩博士の研究が有名だ。
博士によると、プロ野球の優勝による経済効果は500億~600億円だとか。

宮本博士は社会主義経済や地域経済の研究に取り組んできた学者だが、
一方で、「阪神優勝の経済効果」「東北楽天の宮城県における経済効果」など、
プロ野球が経済に果たす役割を分析するほか、「石川遼の経済波及効果」、
「くいだおれ太郎の経済波及効果」、「たま駅長効果」などなど、
人々の関心が高い社会現象を題材にした経済分析を数多く手掛けてきた。
学問が市民の関心に答えうることを示し続ける宮本博士には、頭が下がる。


【ディズニーランドに匹敵する、『嵐』の活動休止効果】

さて、そんな経済効果研究の第一人者である博士の度肝を抜いたのが、
アイドルグループ嵐の活動休止に伴う経済効果である。
2020年12月までの2年間のその額は、何と3249億296万円!
阪神タイガースが連覇を遂げたとしても、遠く及ばない数字である。

これだけの経済効果を発揮できる国内ビジネスといえば、
あとは東京ディズニーランドくらいのものとか……。いやはや、すごい。

ところで、嵐の経済効果の内訳はどうなっているのだろう?
博士はファンクラブの会費やコンサートに来場するファンの交通費、宿泊費、
CD、DVD、グッズの売り上げなどをベースに試算をした。

嵐のファンクラブ会員数は約250万人で年会費1人4000円。会費だけで100億円、
コンサートは19年12月までに50公演あると仮定し、225億6250万円と算出。
来場するファンの交通費、飲食費、宿泊費などは196億1893万円、
さらにファンがCD、DVD、グッズなどを積極的に買い求めることも加え、
2019年だけでも嵐の経済効果は、およそ1505億9189万円と試算した。
翌2020年は、さらにこれらの数字が跳ね上がり、
結果として2年間で上記の3249億円超の経済効果があると分析した。


【あらためて「経済効果」とは何か?】

ここまで、特に注釈も付けず、経済効果について語ってきたが、
あらためて経済効果とは、どういうことなのかを確認しておきたい。

経済効果は、別名、経済波及効果という。
Wikipediaでは、「新規に需要が発生することにより、
その需要を満たすために生産が連鎖的に誘発されることである」と規定し、
「それによって発生する金額の合計額や、何らかの事象が起こることによって
発生すると推測される需要量より算出された合計額を指すこともある」と説明。

確かにそうなのだが、もう少し付け加えると、
経済効果は、景気全体に影響を与えるような事柄を指すのではなく、
何らかの事象の結果、どの業界が、一時的に、いかに潤うかを予測するものである。

したがってタイガースが何度優勝しようが、嵐が休止と再開を何度繰り返そうが、
日本経済や世界経済の趨勢を左右するようなことにはならない。
そうだからこそ、私たち小企業の起業家や経営者にとって、
「特定の事象によってもたらされる潤い」は、見逃せないネタなのである。


【「お裾分け」を、しっかり頂く貪欲さが大事】

小企業は大企業ほど、景気動向の影響を受けない。
実際、この間の「好景気」を実感している小企業がどれほどあるだろう?
確かに景気全体の動向を把握し、対応していくことも大切だが、それにもまして、
何らかの経済効果に食い込むセンスが、私たちの業績向上に直結するのである。

嵐のような人気グループの活動休止など、そうそう起きることではないし、
まさに今月の改元など、滅多にない出来事だった。
もちろん来年の東京オリンピック・パラリンピックもそうだし、
2025年の大阪万博もそうだ。他にも多々「滅多にない出来事」はあるだろう。
これらが生み出す需要に、あの手この手で食い込むことを、ぜひ考えてほしい。

ちなみにタイガースの優勝は、決して「滅多にない出来事」ではない(はず)。

<一般社団法人起業支援ネットワークNICe 代表理事 増田紀彦>



■□■───────────────────────■□■
 「先輩経験談 あるある!ピンチ&リカバリー」 第5回 
 
   業界そのものが新しい時代。
   常にアンテナを張って、恊働ネットワークづくりを

■□■───────────────────────■□■


起業したては誰もが新人。独立してから遭遇する、
始動して初めてわかる、直面するピンチや悩みの数々。
そんな「起業あるある!」事例から学ぶ新シリーズ。

□────────────────────────□
 廣瀬朝子さん
 東京都  Webデザイン・システム構築・ホスティングサービス業 1998年設立
 株式会社アズソーシング
 http://www.ase-source.co.jp/
□────────────────────────□

Webサイト作成や管理システム、Eラーニング、Eコマースなど、
さまざまなITサービスを提供している廣瀬さん。

今でこそ、モバイル端末の普及を中心に
日本人のインターネット普及率は7割を超えているが、
廣瀬さんが創業した当時は、国内のインターネット人口が
1,000万人を突破したことがニュースになるような時代だった。

「IT業界そのものが新しくて、ノウハウも少ない中で、
コンピュータシステムと電話網を統合したサービスを立ち上げましたが、
インフラが整っておらず、ビジネスモデルもまだありませんでした。
Webで何ができるのか、セキュリティの重要性も、
お客さまにひとつひとつご理解いただき、
ディスカッションしながら一緒に創っていきましたね。

お客さまのニーズに応えようとして人材やインフラを増やせば、
リスクも高くなり、運用スキームをどう確立するか、本当に苦悩しました。
模索する中で目指したのは、横つながりの企業連携です。
いい情報があると聞けば、それこそ日本各地、東へ西へと出向きました。
また、劇的に進化するIT業界でしたから、
新しいものを弊社のビジネスに取り込む機会を探りながら
同時に、経営者としてインスピレーションも磨かねばと、
業界セミナーや経営者の集いにも積極的に参加しました。
恊働の可能性を探り、理想形に至るまで5年ほどかかったでしょうか。

時代とともに事業基盤はデータベース管理システムへと移りましたが、
企業連携を図り、信頼と実績を積み重ねた結果、今日があると思います。
もちろん今でも、常にアンテナを張って、
つながりの機会をつくることに努めています」

□────────────────────────□
 あなたの挑戦を応援しマッスー☆ワンポイントガイド
□────────────────────────□


時代の先端を行くビジネスは、可能性に満ち満ちていると同時に、リ
スクもいっぱい。廣瀬さんが言われたように、早い時期にそうした市
場に進出しようとすれば、必要となる設備も高値だし、必要な知識や
技術を有する人材も限られ、当然、そのコストも高くなってしまいま
す。これが資本力豊かな大企業ならやりようもあるのでしょうが、小
さな企業が、そこへの投資を決断し、実行することは本当に容易では
ありません。だからと言ってチャンスをみすみす見逃すのもダメ、も
ちろん、強引に突っ込んでいくのもダメ。では、どうすれば? その
答えを廣瀬さんは見つけました。連携です。まさに「つながり力の発
揮」、そのものの解決案に拍手! とにかく、「全部を自社でやる」
という考えを捨てることが、小規模企業生き残りの第一歩です。
(ますだ)


■□■───────────────────────■□■
   NICe最新情報→ https://www.nice.or.jp/info

■□■───────────────────────■□■

《Mr.NICe》 5月14日更新 
  増田通信より「ふ~ん なるほどねえ」168
  <最近の講話> 態度変容モデル
  https://www.nice.or.jp/archives/45704
───────────────────────────
《Event》 5月10日更新
  プレゼンテーマ発表!
  6/1頭脳交換会 in 白河(初開催!)参加費無料
  https://www.nice.or.jp/archives/45593
───────────────────────────  
《Mr.NICe》 5月7日更新 
  増田通信より「ふ~ん なるほどねえ」167
  <最近の発見> 独り立ち
  https://www.nice.or.jp/archives/45694
───────────────────────────
《News》   4月24日更新
  更新:5月・6月・7月・8月のイベント、勉強会の予定一覧
  https://www.nice.or.jp/archives/43984
─────────────────────────── 
  
■□■───────────────────────■□■
    NICeの活動 イベント、勉強会等のお知らせ
     https://www.nice.or.jp/real_schedule

■□■───────────────────────■□■

5月22日(水)東京都千代田区、5月30日(木)大阪府大阪市
6月11日(火)東京都千代田区、6月12日(水)大阪府大阪市
6月25日(火)愛知県名古屋市、7月4日(木)埼玉県さいたま市
7月9日(火)大阪府大阪市、7月18日(木)千葉県千葉市
 一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会主催
 防災備蓄収納が一目でわかる
 「分類マップ・防災備蓄収納カード講座」
───────────────────────────
5月23日(木)第72回 広報勉強会(NICe後援)
「毎月掲載されるためのメディアリレーションズ」
───────────────────────────
5月26日(日)広島県福山市、5月26日(日)京都府京都市、
5月29日(水) 東京都北区、6月2日(日)富山県高岡市、
6月5日(水)兵庫県西宮市、6月10日(月) 栃木県宇都宮市、
6月15日(土)千葉県千葉市、6月17日(月) 東京都北区、
6月20日(木) 埼玉県さいたま市、6月24日(月) 埼玉県羽生市、
6月26日(水) 北海道札幌市、6月30日(日)滋賀県草津市、ほか
 一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会主催
 防災備蓄準備のための基礎知識を学ぶ
「防災備蓄収納2級プランナー」講座(NICe後援)
───────────────────────────
5月28日(火)&29日(水)大阪府大阪市
6月19日(水)&20日(木)東京都港区
 一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会主催
「防災備蓄収納1級プランナー」講座(NICe後援)
───────────────────────────
6月1日(土)頭脳交換会in白河(初開催! NICe協力)
───────────────────────────
6月8日(土)一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会主催
 第2回 SBS(Stock! Beauty & Smart.)セミナー
【気象・建築のスペシャリストに聴く!
 ~春夏秋冬で異なる災害対策と心得~】(NICe後援)

┌───────────────────────────┐
 上記はSNS登録を問わずご参加いただけます。
 詳細はこちら予定一覧 https://www.nice.or.jp/real_schedule
 
 これまでの開催レポートはこちら https://www.nice.or.jp/real_all
└───────────────────────────┘


■□■───────────────────────■□■
  お知らせ 
  NICeなビジネスプランコンテスト入賞者の活動情報
 
■□■───────────────────────■□■


第2回NICeなビジネスプランコンテスト ファイナル進出・上位入賞
の白川正志さん(新潟県柏崎市 株式会社 笑足ねっと 代表取締役
ばらんすもう協会 代表)が、先の柏崎市議会議員に立候補し、当
選されました!

https://www.facebook.com/warakashi
http://www.balance-sumo.org/
 
 
■□■───────────────────────■□■
 ┃ ┃ ┃ ┃ ┃編┃集┃後┃記┃ ┃  
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛  

「起業あるある!」事例に登場いただいた廣瀬さんは、
Web制作をしたクライアントの広報活動もされています。
つい先日、その努力が実り、4月16日発行のモノ・マガジン
特集号No.825号に、廣瀬さんが広報している
「KEIMIN-SAのパナマ帽子」が掲載されました!
こちらにも紹介していますので、ご覧くださいね。
http://www.keimin-sa.com/news/index.html#n0416

今朝は大雨ですが、帽子をかぶって紫外線対策をしつつの散策が、
気持ち良い季節になってきましたね。
6月1日に、福島県白河市で初開催する頭脳交換会in白河では、
見どころ満載の旧市街探索も予定しています。
新緑が生き生きと美しい白河で、お会いしましょう!
参加お申込みフォームはこちら
 https://ws.formzu.net/fgen/S72898636/

次号の「つながり力で起業・新規事業!」NICeメルマガは、
6月11日頃に配信予定です。
(NICe広報・岡部)
┌───────────────────────────┐
 増田紀彦代表およびNICe会員への
 講演・取材依頼はこちらフォームにて受け付けています
 http://ws.formzu.net/fgen/S41692880/
└───────────────────────────┘
┌───────────────────────────┐
 NICeのSNSは登録も利用も無料です。
 登録ご希望の方はこちら
 https://www.nice.or.jp/sns/?m=pc&a=page_o_public_invite
 ご不明点はこちらQ&A、またはメールにてお問い合わせください
 https://www.nice.or.jp/about_sns
 Email :jimukyoku@nice.or.jp
└───────────────────────────┘
┌───────────────────────────┐
 メルマガのバックナンバーズ 一覧はこちら
 https://www.nice.or.jp/archives/22957

 メルマガの登録および解除はこちら
 https://www.nice.or.jp/archives/13068
└───────────────────────────┘

■□■───────────────────────■□■

   つながり力で、日本経済と地域社会の未来を拓く!

■ 発行: 一般社団法人起業支援ネットワークNICe
■ 〒152-0001 東京都目黒区中央町2-6-8-1F
■ URL:https://www.nice.or.jp/
■ すまっぽん!:https://smappon.jp/ot63fl0q
■ TEL&FAX (03) 6316-9029
■ Email: jimukyoku@nice.or.jp
■ 代表理事 増田紀彦

■□■───────────────────────■□■
         Copyright(C) NICe
■□■───────────────────────■□■

コンテンツ