最新情報最新レポートNICeとはつながり力NICeとはSNS代表から講演取材依頼ユーザーログイン

代表から

増田通信「ふ~ん なるほどねえ」9「サブスクリプション・コマース」

自宅での新聞定期購読をやめてそろそろ1年になる。
言うまでもなく、ネットなど他メディアで情報が入手できるからだ。
おかげで古新聞をしばってゴミ置き場まで運ぶ手間が解消できた。
つまり私は新聞に「代替するサービス」を、選択したわけである。

この調子でいけば、生活コストは低下の一方か?
そう簡単にはいかない。
無料や低額のサービス・商品とは代替がきかないものも多々ある。

私がプライベートで購入する商品の代表格といえば、お酒だ。
これをやめて、「度数の割には安いから」と、
メタノール99%の工業用アルコールに変更するなどあり得ない。
酒は酒である。だから、これは今後も買い続けるしかない。

それなら(どうせ買い続けるのなら)、定期購入する手もある。
浮いた新聞代で毎月1本か2本、泡盛が宅配されたら嬉しいな。
買いに出かける手間も、持ち帰る手間もなく、
しかも、どんな銘柄が入っているのか想像するだけで、ワクワクする。

すでに、そういうサービスはある。
というより、ここ数年、急速に増えている観がある。
ネットショップをベースにしたこのような定期販売のことを、
「サブスクリプション・コマース」というそうだ。

農産物や水産物などの販売で、よく見かける方法である。
だが、もっと商品ジャンルを広げられるのではないか。
食べ物や飲み物以外でも、定期販売が喜ばれる商品はあるはず。

●消費者が購入し続けるだろう商品やサービス
●一定期間で消費される(と予測できる)商品やサービス
●代替するものが見当たらない商品やサービス
●多彩な種類が存在する商品やサービス

こうした条件に合致するものなら、誰が何を売ってもいいと思う。

ちなみに私がお酒以外で定期購入してもいいかなと思うのは、
「世界の歯磨き粉&歯ブラシセット(世界の糸ようじ付き)」か、
「ダンディ向けちょっと個性的なソックスシリーズ」あたりだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
増田紀彦NICe代表理事が、
毎月7日と14日(7と14で714(ナイス)!)にお送りしている
【NICe会員限定レター/「ふ〜ん なるほどねえ」スモールマガジン!】
増田通信・第9号(2012/08/07発行)より、抜粋してお届けしました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コンテンツ