最新情報最新レポートNICeとはつながり力NICeとはSNS代表から講演取材依頼ユーザーログイン

今後の予定

3月18日開催 福島のチャレンジに続け! 東北発!全国の起業家応援スペシャル NICe頭脳交換会


【NEW】2017.0313
9組のプレゼンター&プレゼンテーマが決定しました!

【NEW】2017.0310
増田代表からの3.11メッセージ

【NEW】2017.0201
福島県中小企業団体中央会さんが後援くださることになりました!
【NEW】2017.0201
日本政策金融公庫東北創業支援センターさんが協賛くださることになりました!

【NEW】2017.0127
被災地起業家インタビュー「震災をどう乗り越え、事業をどう伸ばしたか?」 ゲストスピーカー決定!
【NEW】2017.0126
いわき信用組合さんが後援くださることになりました!





■□■─────────────────────■□■
     
    またまたまたまたまた NICeはやります!

      福島のチャレンジに続け! 
東北発!全国の起業家応援スペシャル NICe頭脳交換会
   2017年は、3月18日(土曜日)郡山で開催です!

■□■─────────────────────■□■

NICeは、東日本大震災以降、2012年から毎年3月11日前後に福島県を舞台に
東北経済活性のお手伝いを目的に応援イベントや勉強会を開催してきました。

そして2017年は、郡山市にて「全国の起業家応援スペシャル!」を開催します。

そして2017年は、郡山市にて「全国の起業家応援スペシャル!」を開催します。
震災・原発事故から6年。再起に挑む被災地の起業家をさらに応援し、同時に、
その起業家たちから学ぶ、知恵と志の交流会です。
今年も様々な起業家が、様々な課題を参加者に投げ掛けます。
また商品販売・展示ブースも所狭しと並びます。もちろん、どなたでもご参加いただけます。
自然災害が頻発し、経済状況が混迷の度を増す今、私たち経営者や生産者は、
“相互支援の輪”を早急に作り上げる必要があります。
その輪を、福島から、東北から、全国に広げていきましょう。


【開催日時】
2017年3月18日(土)13時30分〜17時15分(受付開始13時)

【開催場所】
ビッグパレットふくしま 3階 研修室
〒963-0115 福島県郡山市南二丁目52番地

【アクセス】
JR郡山駅西口「1番乗り場」からバス乗車で約15分
地図&バス時刻表はこちら
http://www.big-palette.jp/07access/index-g.html
※無料駐車場ありますが他イベント状況により混雑する場合もあります
http://www.big-palette.jp/02facility/parking-g.html


【プログラム】
◆名刺交換はもう古い! つながりワークショップ

◆被災地起業家インタビュー 「震災をどう乗り越え、事業をどう伸ばしたか?」
 ゲストスピーカー:新谷尚美さん 食処くさの根株式会社(福島県いわき市四倉)
  震災による津波で、直売所と食堂を兼ねた店舗が全壊。だが、震災2ケ月後には
  移動販売車で営業を再スタートし、同年10月には現在の店舗をオープンさせ、
  従業員も全員復帰を果たす。さらに、加工食品の商品開発にも着手。そして、
  いわき伝統のサンマのポーポー揚げ、海老しん じょう、サンマのみりん干しを
  はじめ、2016年2月からは、じゅうねん(エゴマ)ドレッシング、ゆずドレッシ
  ングなどの販売も開始した。
  
◆頭脳交換会 8組プレゼンテーション&参加者全員で知恵出し大討論
◆旨いもの、楽しいもの大集合! ブース交流タイム
◆日本政策金融公庫 国民生活事業 東北創業支援センター 角田 勝氏よりごあいさつ
◆増田紀彦NICe代表メッセージ 「激動の2017年を生き抜くために不可欠な、3つの動詞」

【参加費】
資料代として1000円 
(終了後に懇親会を予定 自由参加&懇親会費は別途4500円予定)

【懇親会】
会場:龍宮城本店
参加費4500円
※送迎バスあり(17時45分にビッグパレット出発し、
  懇親会お開き後は、同バスにて郡山駅まで送っていただけます)

【参加申込み】
参加webフォームまたはFAXにて(FAXの場合は用紙自由。参加者氏名と連絡先を明記ください)
https://ws.formzu.net/fgen/S82818925/




【後援】福島県中小企業団体中央会、いわき信用組合
【協賛】日本政策金融公庫東北創業支援センター
【主催】一般社団法人起業支援ネットワークNICe
【運営】福島のチャレンジに続け! 
    東北発!全国の起業家応援スペシャル NICe頭脳交換会 実行&応援委員会
    

■□■───── 今年もありマス ──────■□■
 福島県外からの“車での”参加者に交通費の一部を補助
■□■────────────────────■□■

・3名以上の乗車でクルマ1台につき、ガソリン代の一部を補助
 (NICeユーザーに限定せず、参加者ならどなたでもOKです)

・申込み先着順とします。
 必ず、参加フォームでの申込み後に
 NICe事務局へメールでご連絡ください jimukyoku@nice.or.jp

・補助額は以下の通り(3名以上1台につき)
  関東・甲信越からの参加 1万円
  福島県以外の東北・北陸・東海からの参加 1万5000円
  北海道・近畿以西からの参加 2万円

・お支払い方法
当日現地にて、会の終了後に清算します。

総額は5万円を予定しています。
以上の条件で総額に達した段階で、申請受け付けを締め切ります。
(追記2017.3.10 締め切りました)


■□■────────────────────────■□■
 プレゼンターのみなさんとテーマを一挙ご紹介!
■□■────────────────────────■□■

※お名前の50音順です

1 東京都台東区 青木さわ子さん(Kuu Home)
「東京下町の手づくり&刺し子雑貨店。
 奥まった立地で、集客と購買をのばすには?」

2 千葉県南房総市 真田英明さん(南房総市役所)
「房総半島の先端、南房総市に起業家を呼び込むためには?」

3 福島県白河市 清水承玉さん・大永さん(こまや合同会社)
「新開発の「野菜に合うタレ」! 
 どんな食べ方が素敵か教えて」

4 福島県棚倉町 須藤芳浩さん(須藤農園)
「近く設立予定の農業法人に、NICeな名称を!」

5 福島県伊達市 引地理江さん
「この3月で廃校になる地元五十沢小学校の活用方法を!」

6 福島県桑折町 平井國雄さん(感謝農園平井)
「通年で販売できる、新たな桃の加工品を考えたい」

7 福島県郡山市 丸岡一志さん
「グラマラスな福島・写真展と物産、日本一の日本酒試飲と
 インバウンド観光案内 実施に向けてのアドバイスを!」

8 岩手県普代村 森田安彦さん(普代村役場)
「東南海地震による津波被害が危惧される、
 静岡県吉田町に防災アドバイスを送りたい」

9 福島県下郷町 渡部美佐さん(笹屋皆川製菓)
「絶品『赤すじにんにくクッキー』。
ところが臭いが強く菓子加工場では作れない。どうする?」


□■────過去開催─────■□
2012年2月11日開催「NICe大宴会 in 福島」
 レポート http://www.nice.or.jp/archives/8934
2013年2月11日開催「NICe福島スペシャル」
 レポート http://www.nice.or.jp/archives/19048
2014年2月11日開催 「つながり力で、日本経済と地域社会の未来を拓く! 
 第21回 NICe全国交流セミナー in 須賀川」
 レポート http://www.nice.or.jp/archives/20703
2015年3月14日開催【東北応援スペシャル】
 食ビジネス 14組連続プレゼン&みんなで大討論! NICe頭脳交換会 in 福島
 レポート http://www.nice.or.jp/archives/28290
2016年3月19日開催【東北応援スペシャル】
 地域ビジネス10組連続プレゼン&みんなで大討論 NICe頭脳交換会 in 郡山」
 レポート http://www.nice.or.jp/archives/34821

○NICe震災復興支援活動について
 http://www.nice.or.jp/fukkou




NICe頭脳交換会
頭脳交換会とは、プレゼンターが自身の事業プランや課題を発表し、それをもとに参加者全員が「自分だったら」という当事者意識で建設的なアイデアを出し合い、ブラッシュアップや問題解決を図ると同時に、互いの経営資源を生かし合ってやがては参加者同士が連携して、新規事業を生み出すためのNICe流の勉強会です。
ひとつのアイデアからまた次のアイデアが……と、展開していく様子は、まさに「異なる頭脳」のスパーク! 情報やアイデア、気付きを惜しみなく出し合うことで仲間との絆が強化され、さらには参加者自身が自覚していなかった自己の強みの発見や、他者の視点やアイデアから自身の事業に生かせるヒントを得る機会にもなります。
仲間のためになり、自分のためにもなる。それが、NICe頭脳交換会です。
※頭脳交換会についてはこちら
http://www.nice.or.jp/braincross

NICe代表理事 増田紀彦プロフィール
増田紀彦:1959年11月23日(勤労感謝の日)生まれ。
地方新聞社、広告会社勤務を経て、87年、株式会社タンク設立。企業広報や販売促進に
取り組む。97年、起業・独立・新規事業を応援する情報誌『アントレ』創刊に参加。
別冊『独立事典』や法人向けの新分野進出支援コンテンツを担当。
2004年、05年には経済産業省プロジェクト「ドリームゲート」で起業家育成プログラム
のファシリテーターを務める。また厚生労働省・女性起業家支援検討委員、中小企業大
学校講師、(財)女性労働協会理事も歴任。
2007年、経済産業省『起業支援ネットワークNICe』チーフプロデューサーに就任。同
事業の民営化により、2010年一般社団法人起業支援ネットワークNICe代表理事就任。
一方、2009年には地域産品応援の店「なみへい」を共同設立。
2012年より福島県6次化創業塾講師。福島県6次化イノベーター、福島県6次化事業体コ
ーディネーター。著書に『起業・独立の強化書』(朝日新聞社)、『正しく儲ける「起
業術」』(アスコム)ほか共著も多数。毎年、講演等を通じて2000人以上の経営者や地
域振興関係者と出会い、アドバイスと激励を送り続けている。


NICe主催・共催・後援イベント・勉強会の開催予定一覧はこちら
http://www.nice.or.jp/real_schedule

このほか全国各地でのNICeレポート一覧はこちら
http://www.nice.or.jp/real_all

NICeとは?
http://www.nice.or.jp/about_nice


Google+
コンテンツ

過去記事一覧はこちらから