最新情報最新レポートNICeとはつながり力NICeとはSNS代表から講演取材依頼ユーザーログイン

最新情報:NICeな日記

第60回 原澤雅和さんの『恵方巻きの売り方』 


全国各地の異なる業種・地域・世代の人々が出会い学び合う
NICeのSNSの投稿から、今回は、増田代表が選んだ
2018年2月 月間最優秀日記をご紹介。
なお、毎月の最優秀日記を候補に年間グランプリを年末に決定します。
───────────────────────────

「恵方巻きの大量廃棄に異議あり!」
というチラシが話題になってるそうですが
http://www.narinari.com/Nd/20180247953.html

そういう正義とか善意の話じゃないんですよね。
実は古典的な生鮮品のプロモーションです。

生鮮品は廃棄ロスのリスクが高い。
リスクを避けるために「限定生産」というのは普通の対策です。
通常は「特選恵方巻き!完全手作りにつき、限定何本!お早めに!」
という売り方になるんですね。

ですが、そういう「当たり前の広告」では、
「集客」はできても「拡散」にまでは届かない。
バズマーケティング的には
「拡散すると、イイ人に見えるよキャンペーン」とするのが、
必然なんでしょうね。

というか、多分利益率の問題なんでしょうが、
「恵方巻きの出来合いを売る」という方向に行ってるのは、
スーパー業界としては下策だと思う。
それだと、一本買ったら、その日の夕食はおしまいで、
拡張性がない。重いですしね、恵方巻き。

「恵方巻き」てのは、イベントとしてこそ盛り上がる要素。
「いかに自宅で豪勢な寿司ダネを買わせるか」にシフトチェンジして、
「だからイイ酒」「イイ米」「イイつまみ」
「プレゼントとか」「縁起物とか」と、
周辺へ需要を拡大していくべきでしょう。

例えば風水と関連付けて、
「こういう具の組み合わせをすると、こういうお願い事に効く」って
ヤるだけで、バラエティに富んだ具を買わなきゃならなくなるので、
客単価は相当上がるんじゃないかと思います。
そーゆー工夫をしたスーパー、あるかな?

※2018年2月6日投稿
┌───────────────────────────────┐
 神奈川県横浜市/NICe協力会員・原澤雅和(はらさわ・まさかず)さん
 桜企画 代表
 NICe会員情報はこちら
 http://www.nice.or.jp/category/category/members/members-kanto/page/3
└───────────────────────────────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「つながり力で起業・新規事業!」NICeメールマガジンVol.65
(2018.4.23配信)「pickup! NICeな仲間の日記から」より抜粋して転載しました。
※これまでの月間最優秀日記はこちらで一般公開中
 http://www.nice.or.jp/nicediary
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なおこのメールマガジンは、毎月1回、21日頃にお送りします(土日祝の場合は翌平日)。NICeのSNSユーザー(SNSに登録)に限らず、どなたでもご購読登録いただけます。希望される方は、こちらのページにてご登録ください
http://www.nice.or.jp/archives/13068
バックナンバーはこちら一覧 
http://www.nice.or.jp/archives/22957

Google+
コンテンツ