最新情報最新レポートNICeとはつながり力NICeとはSNS代表から講演取材依頼ユーザーログイン

代表から

増田通信より「ふ〜ん なるほどねえ」157 安らかな眠りに就ける時


──▼────────────────────────────────
<最近の発見> 安らかな眠りに就ける時
──▼────────────────────────────────

「人は二度死ぬ」。
何かの小説の中で目にした言葉だ……。

9月、女優の樹木希林さんが逝去された。
彼女のファンは、芸能界内外にとても多いようで、
テレビは連日、彼女が生前に残したコメントの数々を紹介していた。

その中で、ちょっと驚かされた言葉があった。
「私が死んだら、私のことを思い出したりしなくていいですから」。

私自身は、自らの死後、周囲の人々が何を思うかなど考えたこともなく、
彼女が、なぜそんな言葉を思いつき、発したのか、察することができない。

ただ、とても強い自我を感じる。
自分の人生は自分のものであり、それが終了した以上、全ては無なのだと。
いや、とんだ見当違いの感想を書いているのかもしれない。

一方、冒頭で紹介した小説の言葉の真意はこうだ。
人はまず、肉体的な死を迎える。
やがて、その人のことが忘れられていく。その時が二度目の死だと。

この考え方を逆から捉えると、
亡くなった人のことを、決して忘れない人が一人でもいる限り、
亡くなった人は、二度目の死を迎えることはない、ということになる。

しかし、その「忘れないたった一人」も、いつかは死を迎える。
その時、先に亡くなった人は、
小説家の言葉を借りれば、間違いなく二度目の死を迎えることになる。

ただ、こういう二度目の死は、決して悲しい話ではない気がする。
自らの死を悲しむ人を、この世に残してしまったという痛苦から、
ようやく魂が解放される……。私はそんなふうに感じてしまう。

だから、人は二度目の死で、本当に、
安らかな眠りに就くことができるのかもしれない。

樹木希林さんの魂は、ご本人の要望にかかわらず、まだ当分お忙しそうだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
増田紀彦NICe代表理事が、毎月7日と14日(7と14で714(ナイス)!)
に、NICe正会員・協力会員・賛助会員、寄付者と公式サポーターの皆さん
へ、感謝と連帯を込めてお送りしている【NICe会員限定レター「ふ〜ん
なるほどねえ」スモールマガジン!増田通信】。
第157号(2018/1009発行)より一部抜粋して掲載しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Google+


■□■──────────────■□■

NICeとは?
https://www.nice.or.jp/about_nice
NICeの合言葉は「つながり力で、日本経済と地域社会の未来を拓く!」。
全国のみなさんがつながる場として、登録&利用無料のSNSを提供しているほか、
全国各地で交流会や勉強会などを開催しています。

NICeのSNS 登録も利用も無料!
 SNS登録はこちら https://www.nice.or.jp/sns/?m=pc&a=page_o_public_invite

NICe主催・共催・後援イベント・勉強会の開催予定一覧はこちら
https://www.nice.or.jp/real_schedule

このほか全国各地でのNICeレポート一覧はこちら
https://www.nice.or.jp/real_all

NICeのメールマガジン
毎月11&21日頃に配信する「つながり力で起業・新規事業!」メールマガジン。
購読の登録はこちらからどうぞ!

■□■──────────────■□■
コンテンツ