最新情報最新レポートNICeとはつながり力NICeとはSNS代表から講演取材依頼ユーザーログイン

代表から

増田通信より「ふ~ん なるほどねえ」26 サービス



以下はちょうど20年前に私が書いた、
ある大手メーカーの入社案内パンフレットの中の一節である。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サービス。それは勇気である。それは自信である。それは活力である。
そして何よりもそれは人間の本質である。

人間はその誕生以来、今日まで常に自然と対峙し、
自然を自らの意図に沿って変革することで、
衣食住をはじめとする、あらゆるものの生産を続けてきた。
そうやって生きてきた。

人間は生産のために協働という方法を編み出し、協働は社会を生み出した。
新たな糧を作り出す者。それを手助けする者。そしてその輪、である。
このコンビネーションとネットワークの確立が、
人間と他の生命体との生産力の差を決定的にした要因であろう。

サービスほど、曲解と誤解とを受け続ける言葉もないのではないだろうか。
その語感に軟弱さを覚える人は、いまだ少なくないはずである。
だがサービスの真実は、強靱であり、果敢であり、時には勇猛でさえある。

とある顧客がいるとする。
その顧客の理想を信じる勇気はあるか。
その顧客の要求に応える自信はあるか。
その顧客の成功を助ける活力はあるか。
すべてに「ある」と答えること。
サービスを業とする者には、いつでもその試練が突きつけられる。
「ある」と答えるために、常に闘い続けることが課されている。

人間が、人間のために、人間らしく働きかけること。それがサービスだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分で書いたものに言うのも何だが、「ほんと、そうだな」と思った。
というか、20年も前の文章とは思えなかった。
サービスは、時代変化に影響されない普遍的なものだとつくづく思う。

顧客の理想、顧客の要求、顧客の成功……。
それらに視点を据えて仕事をすることの大切さを、あらためて痛感する。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
増田紀彦NICe代表理事が、
毎月7日と14日(7と14で714(ナイス)!)にお送りしている
【NICe会員限定レター/「ふ〜ん なるほどねえ」スモールマガジン!】
増田通信・第26号(2013/04/15発行)より、抜粋してお届けしました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コンテンツ