最新情報最新レポートNICeとはつながり力NICeとはSNS代表から講演取材依頼ユーザーログイン

代表から

増田通信より「ふ~ん なるほどねえ」35 真実か、救済か




1997年頃だったと思うが、
グラハム・ハンコックの著した『神々の指紋』を読み、衝撃を受けた。
世界600万部突破のベストセラーだから、同書をご存じの方も多いだろう。

「南極大陸には、かつて文明があった。その時代、大陸はもっと北にあった」
「ピラミッドをつくったのは古代エジプト人より、はるか昔の人々だった」
といった、ビックリして腰を抜かすような新説が次々と展開されていた。

その後、時を経て『神々の指紋』に対する批判や反論も出てきたが、
発売当時、考古学者たちが声を上げることはなかったと思う。
おそらく、「取るにたらない、荒唐無稽な主張」と判じたのだろう。

何事もそうだが、荒唐無稽を侮って放置すると、大変なことになる。
批判されないのは、それが正しいことだと人は思いかねないからだ。

かくいう私も、この通説をひっくり返す主張に魅了された一人である。
なぜ、こんな、とんでもない説にひかれたのか?

ひとつには、その「とんでもなさ」が大きな理由だ。
半端な新説より、通説とは正反対の意見のほうが、痛快である。
インパクトの強い情報を、人は本当だと信じ込みやすいし、信じたがる。

もうひとつは、時代の空気が影響したのだと思う。
90年代といえば、いわゆる「失われた10年」である。
自分たちが、正しいと信じて突き進んできた経済活動が破綻し、
企業を舞台に、解雇や倒産、犯罪や自殺が相次いだ時代である。
経営者のひとりである私も、資金を失い、自信を失い、目標を失っていた。

そういうとき、人は、新たな価値観に救いを求める。
(オウム真理教が勢力を伸ばしていたのも、90年代だった)

『神々の指紋』は、
「そもそも、すべてが間違っていたのだ」という安堵感と、
「常識にしばられる必要はない」という安心感とを私に与えてくれた。
もし、あの時代、思い詰めてキレていたら、今の私はない。
だから、ハンコックに感謝している。

言い古されている理屈だが、
やはり人は、真実よりも何よりも、救済を求める存在なのかもしれない。
ハンコックの説が正しいか否か、実はどうでもいいのだと今さら気付いた。

さて、2010年代、人は何に救いを求めるのだろう?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
増田紀彦NICe代表理事が、
毎月7日と14日(7と14で714(ナイス)!)にお送りしている
【NICe会員限定レター/「ふ〜ん なるほどねえ」スモールマガジン!】
増田通信・第35号(2013/09/07発行)より、抜粋してお届けしました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


Google+
コンテンツ