最新情報最新レポートNICeとはつながり力NICeとはSNS代表から講演取材依頼ユーザーログイン

どうする?日本経済

まずは爆買い集団を我が町へ!


■□■───────────────────────────■□■
    「増田紀彦の視点 どうする?日本経済」

     第31回 
     まずは爆買い集団を我が町へ!

■□■───────────────────────────■□■

【衰退商店街の代名詞になった和歌山市の「ぶらくり丁」】

和歌山県民や関西圏の方々はご存じのことと思うが、
和歌山市中心部に古くからある大商店街「ぶらくり丁」は、
いまや「衰退した商店街」の代名詞のように語られる存在だ。

実際、私の子供の頃の記憶では、
ぶらくり丁は大阪の商店街に引けをとらない活況を呈していた。
だが、国立大学の郊外移転、モータリゼーションへの対応の遅れ、
高速道路や鉄道の整備による大都市の近接化、郊外型SCの台頭など、
全国に共通する要因のほぼすべてに影響を受ける形で弱体化が進んだ。

事実、ここ数年の間に私も何度かぶらくり丁に足を運んだが、
買い物客の姿を見かけることは、ほとんどなかった。


【和歌山市はアジア人観光客のベッドタウン?】

一方、和歌山市内のホテルは、ここのところ大変な賑わいを見せている。
うかうかしていると、満室で予約を取り損なうほどだ。

ご多分にもれず、アジア各地からの観光客が押し寄せているからだ。
しかし、彼らのお目当ては和歌山にあらず、大阪での「爆買い」だという。

和歌山市は和歌山県の北端に位置し、
大阪の巨大繁華街・心斎橋まで、1時間もあれば到着できてしまう。

また、和歌山県内の観光名所は、県の南部(紀南)に多い。
そう考えると、和歌山市は、北は大阪や京都へ、南は白浜や熊野へと、
関西観光を楽しむための中継地としては確かに好立地である。
だが、中継地という位置づけでは、さほどのお金は落とされない。

お財布をパンパンに膨らませた観光客が目と鼻の先に泊まっているのに、
商店街がそれに手をかけられないのは、何とも残念と思っていたら、
素敵なニュースが飛び込んできた。


【ベタだが効果満点、和歌山市の外国人観光客誘致作戦】

私自身はそのニュースを直接見たわけではないのだが、
テレビで知ったという知人の話によると、外国人観光客を乗せた大型バスが、
ぶらくり丁と、市内のどこかもう1カ所に寄ってくれれば、
和歌山市がバス1台につき5万円の助成金を提供するのだという。

これは案外、名案かもしれない。
報道によると、先月、タイ人観光客を乗せたバス2台がぶらくり丁に訪れ、
70人の観光客が、およそ10万円を商店街に落としたそうだ。
助成金は5万円×2台で10万円だから、この段階ではプラスマイナスゼロだが、
重要なきっかけを掴んだことは言うまでもない。

おそらく商店街は、どのような属性の人が、どこで、何に、いくら払ったかを
集計・分析していることだろう。(していなければ意味がない)
そのデータを活かして、品揃えやサービス改善をはかれば、収支逆転は可能だ。

稼ぎたければ、いや、儲けたければ、ターゲットの情報を収集する。
これは商売のイロハであり、多くの企業が普通に取り組んでいることだ。
そして情報を得るために、様々な優待制度を発案・実施するわけである。
それを地域や商店街が団結し、外国人に狙いをつけて実行する。
オーソドックスながら、いい方法だと思う。


【オリンピック特需を掴むためにも、今、頑張るべし】

中国人やアジア人観光客が押し寄せてくる昨今の商機を逃がさないために、
各地で和歌山市のような取り組みを実行してほしいと願う。

そしてその経験が、2020年のオリンピックに際してのビッグチャンスを
がっちり掴むための基礎力を養うことになるのである。
まさに、備えあれば憂いなしである。

爆買い→オリンピック。
これから数年続くこのゴールデン・インバウンドを、ぜひともモノにしよう!


<一般社団法人起業支援ネットワークNICe 代表理事 増田紀彦>


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「つながり力で起業・新規事業!」メールマガジンVol.35
(2015.1026配信)より抜粋して転載しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


なおこのメールマガジンは、毎月1回、21日頃にお送りします(土日祝の場合は翌平日)。NICeユーザー(SNSに登録)に限らず、どなたでもご購読登録いただけます。
希望される方は、こちらのページにてご登録ください
http://www.nice.or.jp/archives/13068
バックナンバーはこちら一覧 http://www.nice.or.jp/archives/22957


Google+
コンテンツ